So-net無料ブログ作成
検索選択

紅葉始まった恵那峡へ行ってきました [旅行]

11月6日(日)、久しぶりに日曜日休みだったダンナが、
どこか紅葉狩りに行かないかと言うので、恵那峡に行くことにしました。

近年、かなり寂れたとは聞いていましたが、
かつては大変にぎわった行楽地です。
私、まだ行ったことがない‥‥って思ってたんですが、
旅行のお土産を持って実家へ行ったら、
私が幼稚園の頃に婦人会の旅行で行ったと母に言われました。
全く覚えてません。半世紀以上前のことですね。

私たちのことなので、日曜美術館が終わった10時過ぎに
やっと出発。小牧東ICから中央自動車道で恵那ICへ。

恵那ICを出て恵那峡方面の道路は少し渋滞してましたので、
この道でいいのねってわかったんですが、
その後はそれほどでもなく、かえって道がわからずに
(車にナビもついてないし、助手席のダンナは全く何もしてくれません)
ウロウロしてしまいまして‥‥栗きんとんの川上屋に
大型バスも含め車がいっぱい停まっていて驚いたり、
最近広告もたくさん見る「銀の森」も車の誘導の方も出て混雑してました。

とりあえず地図を確認するため「恵那峡」って書いてあった信号の
ところにあった駐車場に車を停めて、向かいの「恵那峡の里」って公園へ
行ってみました。恵那峡を見渡すことはできましたが‥‥
2016-11-6-(1).jpg

この公園、芝桜や花桃が植わっていて、花の時期にはきれいだそうですが、
今の時期は何もなく荒れた状態で、ヌスビトハギの種が服にいっぱい
ひっついてしまいました。<(~_~;)

ここの駐車場から歩く人もいましたが、軟弱な私たちは車に戻り、
かんぽの宿恵那へ行きました。
2016-11-6-(3).jpg

私たちのお出かけは、やっぱりメインは温泉なんです。
恵那峡に来たのも、恵那峡のホテル―湯快リゾート恵那国際ホテル、
恵那峡グランドホテル、かんぽの宿恵那―がどこも日帰り入浴可って
ことを調べてたから。

日帰り入浴の入口(階段を下りたここが1階で、
宿泊の入口やフロントは2階にあります。)
2016-11-6-(4).jpg

日帰り入浴800円で、ランチとのセット券が2,000円だったので、
そちらを購入。まず2階の食堂へ。

日帰り入浴とランチのセットは、平日は1,800円。
土日祝は2,000円ですが、フリードリンクが付きます。
(ランチのみは、平日1,300円、土日祝1,500円)

窓から恵那峡の景色を眺めながら‥‥
2016-11-6-(5).jpg
2016-11-6-(7).jpg

対岸の恵那峡ワンダーランド。
一時期経営悪化で閉鎖とか聞いたんですが、またやっているようですね。
Wikiで調べたら、以前の「恵那峡ランド」が2000年に閉鎖され、
2002年4月に恵那峡ワンダーランドとしてリニューアルオープンしたとのこと。
そうそう、昔は恵那峡をまたぐロープウェイがありましたっけ。
2016-11-6s-(3).jpg
恵那峡ワンダーランドの後ろの山に見える赤い部分、
山が崩落でもして山肌が見えているのか、何かの人造物かって思ったら、
「紅岩」って、コケにより紅色に見える巨石で、国の天然記念物なんだそう。

ランチをいただきました。
2016-11-6-(9).jpg

その後、1階の大浴場へ。ホントに広々~としたお風呂でした。
露天風呂やミストサウナ、深~いジェットバスとか色々ありました。
浴室用の車椅子があったり、車椅子の脱衣スペースがあったりと、
車椅子でも大浴場に入れるみたいですね。
今まで利用した日帰り温泉と比べて、日曜なのに、この設備なのになぜ?
って思う程空いていて、ゆったりつかることができました。

かんぽの宿を出て、車で移動するつもりでしたが、
駐車場から下へ降りる階段があり「恵那峡遊覧船乗り場近道」って
表示があったので、行ってみることにしました。

降りたところにあった観音像。
大井ダムの工事で犠牲になった人々の供養のために立てられたのだとか。
ポケモンGOのポケストップにもなっていました。
2016-11-6-(10).jpg

「回転展望レストラン シルバーレイク」って書いてありますが、
現在は回転していない様子。隣の湯快リゾート恵那峡国際ホテルの
施設として使われているようです。
2016-11-6-(12).jpg

この右手奥に恵那峡無料駐車場がありましたが、この時間(3時少し前)でも
駐車待ちの車の列ができていたので、かんぽの宿に停めてきて正解だったかも。

おぉ! 土産物屋の前の藤の大木、すごいですね!!
2016-11-6-(16).jpg

“昭和の観光地”って風情のお土産屋さん。
2016-11-6-(17).jpg

前方の大井ダムにせき止められて、ダム湖である恵那峡ができました。
2016-11-6-(19).jpg

恵那峡めぐりの遊覧船が帰ってきたところ
2016-11-6-(21).jpg

黄色いイチョウと赤く色づき始めた恵那市の木「ハナノキ」
2016-11-6-(22).jpg

ダム湖に突き出た「さざなみ公園」へ行ってみました。
桜の名所でもあるそうです。
2016-11-6-(25).jpg

ポケストップになっていた「緑の証跡」というモニュメント
2016-11-6-(26).jpg

先端のところに北原白秋の歌碑があります。
2016-11-6-(31).jpg

また藤棚の下を通って、遊覧船のりばの方へ。
2016-11-6-(32).jpg
2016-11-6-(33).jpg
2016-11-6-(94).jpg

遊覧船乗り場前のお土産屋さん。
2016-11-6-(35).jpg
昭和な雰囲気。

ここまで来たのだからと、遊覧船に乗ってみることにしました。
大人1人1,280円。結構長い行列ができていて、中国語も聞こえてました。
enakyo.jpg

恵那峡遊覧船のリーフレット中面
enakyo-2.jpg

ジェット船ではアナウンスを聞きながら、
両岸の奇岩の景観が楽しめました。
2016-11-6-(48).jpg

「虚無僧岩」かな。
2016-11-6s-(9).jpg

恵那峡大橋の下を通り、源済橋の下をくぐってと、
結構長い遊覧船コースですね。(往復20kmだとか)
2016-11-6-(49).jpg
2016-11-6-(51).jpg
2016-11-6-(52).jpg

四角い岩が品の字のように積み重なった「品の字岩」
2016-11-6-(56).jpg
ここで折り返します。

2016-11-6-(60).jpg
2016-11-6-(61).jpg

「屏風岩」かな。スマホを持つ手が映り込んでますが。
2016-11-6-(64).jpg

夕日に照らされて、紅葉がきれいです。
空に鳥がたくさん群れているのがわかりますか?
2016-11-6-(67).jpg

「獅子岩」
2016-11-6-(81).jpg

左が「獅子岩」、右が「金床岩」
2016-11-6-(84).jpg

約30分の恵那峡めぐり。
実は乗る前ちょっとバカにしてたんだけど面白かったです。
2016-11-6-(90).jpg
2016-11-6-(91).jpg

遊覧船のりばあたりにも水鳥がたくさんいました。
冬は遊覧船でバードウォッチングも楽しめるそう。
2016-11-6-(92).jpg

遊覧船のりばから「恵那峡グランドホテル・かんぽの宿近道」
ってあった遊歩道を歩いて上りました。
軟弱な私たちには結構キツかった。
2016-11-6s-(18).jpg

ふり返ると、恵那峡大橋がきれいに見えました。
2016-11-6s-(17).jpg

帰り、ちょっとお腹も空いたしと「銀の森」へ寄ったんだけど、
営業時間は6時までだけど、5時過ぎていたので、
レストラン等は終わっていて、お土産だけ買いました。

帰りも高速に入るつもりでいたけど、渋滞しているようなので、
下道を走って帰りました。

恵那市観光協会の恵那峡のページ: http://www.kankou-ena.jp/enakyo/
恵那峡観光マップがわかりやすいです。
http://www.kankou-ena.jp/pdf/pdf-low1.pdf
http://www.kankou-ena.jp/pdf/pdf-low2.pdf

かんぽの宿 恵那: http://www.kanponoyado.japanpost.jp/ena/

恵那峡遊覧船: http://www.tohsyoh.jp/ship/ship.html

オマケ:
行きの中央自動車道、トイレ休憩のために寄った虎渓山PA
ポケモンGOを起動してみたら、モンスターがいっぱい!!
2016-11-6p(3).jpg

ダンナとこんな写真も撮れちゃいました。
2016-11-6p(2).jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。