So-net無料ブログ作成
検索選択

「ミュシャ展」で上京したこと(横浜・六本木) [旅行]

ゴールデンウィークも終わろうってのに、今更、国立新美術館に
行った4月17日のことを書くのも、なんだかなーーって気もしますが‥‥

展覧会の感想はこちらに書きましたので、

国立新美術館「ミュシャ展」:
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2017-04-28

国立新美術館「草間彌生 わが永遠の魂」展:
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2017-04-21

上京を決めたことなどを。
「ミュシャ展」の記事でも書きましたが、《スラヴ叙事詩》全20点が
来日するって知って驚き、見たいとは思っていました。
3月16日(木)に放送されたNHKテレビ
「華麗なるミュシャ 祖国への旅路 パリ・プラハ 二都物語」で、
巨大な絵を展示するころを見て、見に行きたい気持ちはさらに強くなりました。

4月のパートのシフト表をもらったら(私のパートは日曜が休みなのですが)
17日(月)が休みになっていたんです。いつもなら、
月曜は美術館とかやってないしなーって、
ちょっとがっかりするところなんですけど、
国立新美術館が月曜日はやってるってのを知って(火曜日が休館日なんですね!)

16日(日)に上京して、横浜の友人と遊んで、ホテルに泊まり、
翌朝、友人は会社へ、私はそこからミュシャ展へ行くのはどうだろうって
プランを思いついたんですよ。
できたら日曜よりは空いているだろう月曜に見たいと思って。

横浜の友人に連絡すると、その日曜は昼間所要があるけど、
夕方からだったら‥‥ってことだったので、
2015年1月に上京した時に泊まったルートイン横浜馬車道を予約。

その時のことはこちらに:
単身上京(ルートイン横浜馬車道と周辺観光)
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2015-01-26

ここ、横浜の友人宅からも近いし、割引券があるんです。
今回もルートインのHPから予約しました。
ルートインホテルズ公式HP: http://www.route-inn.co.jp/

土曜日は満室ですが、日曜の夜は余裕で、料金も安くなってました。
今回も安いカジュアルツイン<2人で>9,200円を予約。
あ、一昨年より1,000円高くなってる、でも
横浜の便利な場所でこの値段は安いですよね。
私たちは割引券でさらにここから値引きされます!

で、このことが横浜の友人から山梨の友人に伝わったら、
(私もメールで知らせよう(自慢しよう)と思ってたんだけど)
なんと、山梨の友人も17日(月)に、ミュシャ展に行くつもりだったって
メールが来たんですよ!! 最初の予定では、週末に帰省して、
月曜昼頃に東京に着くからってことだったけど、
帰省が延期になったってことで、月曜の朝、山梨から特急あずさで
新宿駅に10:40着ってことになりました。
一緒に横浜のホテルに泊まるのはどう?って提案してみたんですが、
日曜夜は仕事がいっぱいってことで。

16日(日)、横浜の友人と夕方に待ち合わせになったので、
それまでどうしようか‥‥って考えたんですが、まぁ、私のことなので、
朝ダレダレしてたら過ぎちゃうかなって思ってたところに、
NHK日曜美術館がその朝、ミュシャを取り上げるって知って、
これは是非予習してから行かなくてはと。

日曜美術館「ミュシャ 未来を見つめる超大作」
戦場カメラマンの渡部陽一さんが
《スラヴ叙事詩「ヴォドニャヌイ近郊のペトル・ヘルチツキー」》を見て
水を入れる壺などが散乱しているのがリアル、
母親が抱いている赤ちゃんは生きているって語っていたのが印象的でした。

それからまぁ、いつもの日曜の家事とか、書きかけだったブログの
続きを書いてアップして、2時過ぎに家を出ました。
(3時までに出れば間に合うってことは調べてありました)

名古屋から新幹線で新横浜へ。JR横浜線で桜木町駅に着いたのが5時過ぎ。
2017-4-16-(2).jpg

待ち合わせの時間まではまだあったので、周辺をお散歩。

日本丸メモリアルパークにあった彫刻
峯田義郎《海鳥達の風》
2017-4-16-(3).jpg

新宮 晋《白い花》
2017-4-16-(4).jpg

垣内治雄《青少年の像》
2017-4-16-(5).jpg

このトーテムポールは、カナダ・バンクーバー港から
横浜港との姉妹港10周年を記念して寄贈されたもの
制作者はバンクーバー島に住むコーストサリッシュ族の彫刻家フランシス・ホーン氏
2017-4-16-(7).jpg
上からフクロウ、熊、カエルが彫り込まれているそう。

トーテムポールとランドマークタワー
2017-4-16-(8).jpg

水陸両用バスなんてあるんですね! 運行後の清掃をしているところのようです。2017-4-16-(6).jpg

2017-4-16-(9).jpg

タワー棟(展望棟)は無料で登れるってんで登ってみました。
エレベーターが故障中とかで、階段で上るのはちょっとキツかったですけど。
日本丸を見下ろします。
2017-4-16-(10).jpg

タワー塔内部にあったオブジェ(?)
2017-4-16-(13).jpg

遊園地(よこはまコスモワールド)の乗り物
2017-4-16-(15).jpg
見てるだけでもダイナミック! 泣き出してしまう子供もいましたよ。
2017-4-16-(18).jpg

ヨットの帆をイメージしたという外観が素敵な
ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルと
(実は昔~1999年3月~泊まったことあるんですよ)
コスモクロック(私がインターコンチネンタルホテルに泊まった時は、
移転中とかで、横倒しになってたなー)
2017-4-16-(16).jpg

コスモクロックとタワー棟(展望棟)
2017-4-16-(20).jpg

横浜の友人から「今どこ?」ってLINEが入ったので、
「日本丸の前」と。今はLINEもあって待ち合わせも便利ですね。
2017-4-16-(26).jpg

夕食に連れて行ってくれたのが、
「自然食バイキング はーべすと」
2017-4-16-(30).jpg

いろんなものを少しずつ、たくさんいただきます!
2017-4-16-(27).jpg

お腹いっぱいだけど、デザートは別腹!!
このプレートの9種類すべて違うデザート!
2017-4-16-(29).jpg
これで1人2,264円(バイキング+ドリンクバー)満腹ですー

それから赤レンガ倉庫の方まで散歩。
ガーデニングのイベント(第33回全国都市緑化よこはまフェア)などが
開催されていたようですが、暗かったので‥‥
2017-4-16-(35).jpg
(画像はPhotoshopでかなり明るくしてみましたが)

ホテルルートイン横浜馬車道へチェックイン
一昨年と同じ部屋かな?
2017-4-16-(36).jpg

バスルーム(11階の大浴場へ行ったのでバスタブは使いませんでしたが)
2017-4-16-(37).jpg

ホテルルートインの“ウリ”の一つ、無料のバイキング朝食
2017-4-17-(3).jpg
朝からしっかりいただきます。

ホテルルートイン横浜馬車道のスグ前が神奈川県立歴史博物館
7階のエレベーター前の窓から、風格のあるドームがよく見えます。
2017-4-17-(5).jpg

ホテルルートイン横浜馬車道の入口に展示されていた馬車
2017-4-17-(6).jpg

桜木町駅横の大岡川には、桜の花びらがたくさん浮いていました。
(写真ではゴミみたいに見えますけど)
2017-4-17-(7).jpg

ビルに横浜ベイスターズの選手(スミマセン野球に詳しくないので
誰だかわかりませんが)が描かれています。
2017-4-17-(8).jpg

桜木町駅から、友人は会社へ。私は国立新美術館へ向かいます。
(私は馬車道駅から乗ろうかとも考えたんですが、
友人と一緒に桜木町駅まで歩きました。)

首都圏は公共交通網が発達していて、国立新美術館のある乃木坂駅か、
近くの六本木駅にどうやって行こうか、いくつもルートがあって迷いましたが、
料金の安さにひかれて東横線を利用。
(名古屋では地下鉄の初乗りが200円なのに、東横線の安さは驚き!)
中目黒乗換の六本木までの切符が買えたので、それで行くことに。

中目黒駅の乗換も、反対側のホームでとても便利でした。

おー、アンディ・ウォーホルを使ったキリンビールの中吊り広告!
2017-4-17-(9).jpg

東京メトロ日比谷線「六本木」駅では、
ミュシャの《ヒヤシンス姫》を使った案内が
2017-4-17-(10).jpg
案内に従って地下道を歩きました。

わー!! なんか不思議な物体が!!
2017-4-17-(11).jpg
安田 侃(やすだ かん)《意心帰》2006年
岡崎市美術博物館「ブリューゲルとバロックの巨匠」展に行った時に、
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2016-12-01
遠目にも不思議なカタチの屋外彫刻だなーって印象的だった作品が
この人の作品でしたね。

地上からの光が差し込んでいます。
2017-4-17-(13).jpg

地下道に、ミュシャ展、草間彌生展、アスリート展のポスターが。
2017-4-17-(14).jpg

国立新美術館
2017-4-17-(15).jpg
2017-4-17-(75).jpg
ここで山梨の友人と待ち合わせ。新宿駅10:40着で、
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅に到着ってことだったけど、
線路に人が入って列車が遅れてるってメールあって、心配したけど、
それほど遅くならずに会うことができました。

一緒に「草間彌生 わが永遠の魂」展を見て、
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2017-04-21

お昼を食べようってことで‥‥国立新美術館には1つのレストランと
3つのカフェがありますが‥‥どこも混んでいそう。

1階の「カフェ・コキーユ」
2017-4-17-(26).jpg

結局、地下1階の「カフェテリア カレ」で、ペンネセット1,000円を。
コーヒーが付いてこの値段はなかなかお値打ち。私はそれに
ハーゲンダッツのアイスクリームを奮発(?)しました。
2017-4-17-(51).jpg

それから「ミュシャ展」を見て
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2017-04-28
(見てる途中で友人とはぐれちゃったけど、今はメールがあって便利)

東京ミッドタウンへ
2017-4-17-(77).jpg
サントリー美術館もあるし、いろんなお店もあるようですが、
結局、地下の小さなカフェ(?)で、350円のドリンクで
1時間以上話し込んでました(^^;)

その後、友人は別の友人宅へ泊るとのことで、
六本木駅から恵比寿へ出て、そこで別れました。

品川から新幹線に乗って帰ると、岐阜は大雨。
日曜に軒に干していった洗濯物は、ずぶ濡れになっておりました[むかっ(怒り)]

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

MOA美術館リニューアル記念名品展(その3) [旅行]

3月12日(日)、熱海のMOA美術館へ行き
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2017-03-16

リニューアル記念名品展を見ました。
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2017-03-19
MOAmuseum.jpg

展示室を出て、ショップの向かいに「創立者の部屋」があり、
MOA美術館の創立者・岡田茂吉の書や絵が展示されていました。

以前、我が家のご近所に、世界救世教の熱心な信者さんがいらして、
息子どうしが同級生ということもあり、仲良くさせてもらってました。
その方から、教祖・岡田茂吉のことや、
MOA美術館のこともよく聞かせてもらいました。
MOA美術館へ行く教団のバスツアーに誘われたことも
ありましたが、さすがに断りました。

‥‥なので、今までMOA美術館行きたいなとは思っていたんですが、
かえって行きにくくて、今回初めて行きました。

画家を目指したこともあるという岡田茂吉の絵、
なかなかいいなって見ました。
《雲上観音》昭和20年頃
2017-3-12-(75).jpg

この鶴の絵《青松》と《紅梅》どちらも昭和12年
可愛くていいなって。
2017-3-12-(76).jpg

MOA岡田茂吉賞を受賞した工芸作品も展示されていました。

そして、本館の「茶の庭」側の出口近くには
「MOA美術館全国児童作品展」の歴代優秀作品が展示されていました。
2017-3-12-(78).jpg

子どもたちの絵いいですねぇ!
2017-3-12-(77).jpg

さて、眼福の後は口福ですが、
今回のリニューアルで、館内に、「オーベルジュ・オー・ミラドー」の伝説のシェフ、勝又登シェフのカフェ・レストランがオープンとのことでしたが、高そうなので‥‥
人気のようで、待っている方も大勢いらっしゃいましたし。

「茶の庭」にも蕎麦や甘味のお店があるとのことで行ってみました。
美術館の茶の庭への出口
2017-3-12-(121).jpg

2017-3-12-(82).jpg
「唐門」
もと神奈川県大磯町の三井家別邸 城山荘内にあったものだそう。
2017-3-12-(83).jpg

趣のあるお庭があります。
2017-3-12-(107).jpg

「片桐門」
賤ヶ岳七本鎗の一人 片桐且元が薬師寺の普請奉行をつとめた際の宿舎の正門で、当時且元は馬上のままここを通行したと伝えられるそう。その後、奈良慈光院に移され、ついで昭和16年神奈川県大磯町の三井家別邸城山荘内に移築されていたとのこと。
2017-3-12-(106).jpg

2017-3-12-(105).jpg
2017-3-12-(104).jpg
2017-3-12-(103).jpg

「光琳屋敷(復元)」
尾形光琳が自ら描いた図面と大工の仕様帖、
茶室起し図が含まれる小西家文書と呼ばれる資料(重文)に基づき復元した屋敷。

玄関
2017-3-12-(87).jpg

こちらは勝手口?
2017-3-12-(88).jpg

台所
2017-3-12-(89).jpg
天井が高いです
2017-3-12-(97).jpg

「化粧の間」仏壇がありました。
2017-3-12-(92).jpg

茶室「青々庵」
光琳の号「青々」にちなんで名付けられ、扁額は日本画家・奥村土牛氏によるものだそう。
2017-3-12-(95).jpg
2017-3-12-(96).jpg

梅が咲いていました。
2017-3-12-(86).jpg

少し離れたところに紅梅もあるんですが、花はかなり終わっていました。
2017-3-12-(100).jpg
2017-3-12-(101).jpg

光琳屋敷の両脇に蕎麦の店と、和食・甘味の店がありました。
蕎麦は待っている人が大勢いらしたので、
「和食・甘味 花の茶屋」へ。限定の御膳は完売でしたが、
「小倉しるこ」650円をいただきました。
2017-3-12-(108).jpg
塗りのお椀やお盆が素敵ですね!
2017-3-12-(109).jpg
カリッと焼けたお餅に、トロリとした甘~いおしるこ、幸せです~~

続いてですが、お抹茶もいただこうと。
「茶室 一白庵」黒漆のテーブルとイスが素敵な立礼席。
2017-3-12-(112).jpg

バスパックでもらった100円割引券で一服700円が600円になりました。
(但し、選べるお菓子が制限されて羽二重餅になります)
2017-3-12-(116).jpg

奥の座敷にかかったお雛様の掛け軸、季節が感じられていいなって、よく見たら、
会記が書かれておりまして、
2017-3-12-(117).jpg
床 円窓雛図 柴田是真 筆

え?! 柴田是真って、あの漆工芸で有名な?

続いて、
花入 古銅中蕪 宝尽文
脇  茶経
   紅紫釉三足香炉   鈞 窯
   粉彩花卉山水文硯屏 景徳鎮 窯
釜  阿弥陀堂      高橋敬典 造
水指 乾山 色絵唐花文


‥‥私にはよくわかりませんが、なんかスゴそうな茶道具だと。

そして、立礼席の壁にあった掛軸も由緒ありそうって見たら、2017-3-12-(120).jpg

箱根色紙 近衛信尹
2017-3-12-(119).jpg

近衛信尹‥‥どこかで聞いたような、ってネットで調べたら、
あ、「寛永の三筆」の一人って、
愛知県美術館「線の美学」展で、
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2015-12-17
木村定三コレクションの近衛信尹(このえ のぶただ)《渡唐天神図》が
展示されていたっけ。そっちは文字で遊んだみたいな洒脱な作品だったけど。

さすがにもうコーヒーは飲めなかったけど、本館1階のカフェもいいですよねぇ!
2017-3-12-(149).jpg

この景色が素晴らしい!!
2017-3-12-(150).jpg

自分と、友人へのお土産に、
紅白梅図屏風のダブルクリアファイル540円を買いました。
裏が白梅の絵になっています。
2017-3-12-(180).jpg

実家などへのお土産は「梅まんじゅう」680円
2017-3-12-(181).jpg

小ぶりなお饅頭が6個入っています。
2017-3-12-(182).jpg

MOA美術館のショップでは、これら定番(?)の美術館オリジナルグッズの他、
工芸作家の作品なども並んでいました。
(これらの作家さんの作品としたらリーズナブルな価格なんでしょうが、
 やはり私には手が出ません)

熱海まで来たからどこか‥‥とも思ったけど、
(考えたら、私、熱海初めてだわ)
MOA美術館だけで充分満足したし、と帰りました。

MOA美術館はぜひまた来たいな。次はどこか温泉にも入りたいです。

MOA美術館: http://www.moaart.or.jp/

MOA美術館「リニューアル記念名品展」のチラシ裏面
(クリックで拡大します)
MOAmuseum3.jpg
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

名古屋市科学館プラネタリウムと大須散策ミニ同窓会 [旅行]

2月26日(日)、横浜と大阪の友人と、名古屋市科学館の
プラネタリウムと大須観音あたりの観光をしてきました。

どちらも大学の同級生。このミニ同窓会のきっかけは、
横浜の友人が「君の名は」の聖地巡りだという社員旅行で
25日(土)の夕方に名古屋で解散になるから遊べる?ってことで。

一昨年の2月にも、伊勢への社員旅行で名古屋解散になって、
岐阜や各務原を案内したことがありました。
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2015-02-19

今回は大阪の友人が25日から名古屋に来れるってことで、
私もできたら25日パート休めないかなって思ったんですが、
やっぱり休めなくて、二人は名古屋市内のホテルの予約がとれず、
一宮駅前のホテルに泊まることになったので、26日の朝、
名鉄電車で合流することにしました。

名古屋のどこへ行こうかという話になり、
大阪の友人が日曜夜に地元で婦人会の役員会があり、
夕方4時頃の新幹線に乗らなくてはならず、
あまり遠くへは行けないので、
名古屋市科学館のプラネタリウムと大須あたりを提案しました。

名古屋市科学館のプラネタリウムは、2011年にリニューアルされて、
世界最大の35mドームとのことで、人気があり、
土日などは午前中に観覧券が売り切れてしまうって聞いていて、
私も行ったことはなかったんですが、この機会にどうかなと。

名鉄電車で名古屋駅に着き、まずコインロッカーに荷物を預けようと、
あちこち探したんですが、空きが見つからず、
ここでかなり時間をとられました。

名古屋駅から科学館へは地下鉄東山線で1区200円の伏見駅から徒歩5分ですが、
3人いることだしと、タクシーを利用しました。1,140円で着きました。

世界最大のプラネタリウムのドームが宙に浮く
名古屋市科学館の建物はカッコいいですよね。
2017-2-26-(2).jpg

名古屋市科学館のチケット売り場の列に並び、12:40の回をゲット。
まだ2時間近くあるので、先に大須観音あたりへ行くことに。

白川公園のグラウンド越しに名古屋市科学館を望む
2017-2-26-(54).jpg
2017-2-26-(3).jpg

100m道路の若宮大通を渡り、少し歩くと大須観音があります。
2017-2-26-(6).jpg

3人とも還暦で厄年、しっかりお参りしました。
2017-2-26-(56).jpg

大須観音の門前町として発展した大須商店街。
一時、時代から取り残されたような時期もありましたが、
家電量販店やパソコンショップなどが集まる電気街となり、
現在は雑多な店舗が並び、老若男女、外国人観光客も多い
ちょっとレトロで、にぎやかな商店街になっています。
2017-2-26-(8).jpg

こんな、ちょっと不思議っぽいお店もできていました。
「水曜日のアリス」雑貨やお菓子も売っているみたいです。
2017-2-26-(9).jpg

猫グッズのお店? 猫に限らず、いろんなデザインの
ステッカーなどのグッズを販売しているみたいです。
「B-SIDE LABEL」
2017-2-26-(12).jpg

店頭にあった顔出し看板‥‥(笑)
2017-2-26-(65).jpg

300円のガチャガチャで出てきました。
2017-2-26-(39).jpg

これは面白~い!! 靴下3足1,080円だって! 「いちごHOUSE」
2017-2-26-(63).jpg

万松寺ビルの通路
2017-2-26-(14).jpg

沖縄の物産を売っているお店「沖縄宝島」
沖縄大好きな友人が入っていくと、沖縄そばなども食べられる
コーナーがあったので、プラネタリウムの前に軽く食べることに。
2017-2-26-(15).jpg

私は「八重山そば」600円を
2017-2-26-(17).jpg
友人は「ゆし豆腐定食」を食べました。

12時近くなったので、名古屋市科学館へ戻り、

6階のプラネタリウム入口へエスカレーターで上がる途中で
展示もチラとだけ見ました。
2017-2-26-(19).jpg
竜巻ラボ 9mの竜巻ができています

さて、プラネタリウム12:40の一般投影
350席のシートは、ゆったり、リクライニングで、快適すぎ、
加えて、投影が始まって暗くなるのと、学芸員の解説も
穏やかな声で、気持ち良すぎて眠くなりました。
(実際、友人の一人はほとんど眠っていたとか)
でも、さすがに世界最大のドームに投影される星空、
とてもきれいでしたし、宇宙ステーションの映像が
ドーム全体に映し出された場面はすごい迫力でした。

この日は「昼間の星をみる会」というイベントを7階の天文台で
やっていると聞いて、ついでなので行ってみました。

大きな望遠鏡が青空に向けられていて、2人ずつ覗くことができました。
2017-2-26-(23).jpg

金星が見えるってことで覗くと、まるで三日月―より少し太いかな?―
のような金星を見ることができました!!
2017-2-26-(25).jpg

名古屋市科学館、まぁ他の展示はいいかなって、でも記念に
プリクラを3人で撮りました。慣れない私たちなので、
日付を入れたまではいいけど、別の場所に移動させようとして、
ナゼか2か所に入ってしまったという‥‥(^^;)>
2017-2-26-(37).jpg
今はメールで携帯電話へ画像を送ってもらうこともできるんですね!!

また大須へ戻って、ここの「きなこ団子」柔らかくて美味しかった。
2017-2-26-(26).jpg

「まねき猫」が鎮座する「ふれあい広場」はアイドル(?)のイベントが
行われているらしくて人がいっぱいでした。
2017-2-26-(28).jpg

織田信長公画像などもあるという「総見寺」
2017-2-26-(29).jpg

総見寺やマンションに囲まれて、噴水の池があります。大須公園
2017-2-26-(31).jpg

中古衣料など、とてもお値打ち!! 真剣に品定めをしています。
2017-2-26-(10).jpg
2017-2-26-(32).jpg

友人が試着している茶色の革コート、なんと300円!!
(しかも消費税なし!!)
2017-2-26-(70).jpg

なんとも懐かしいというか、味のある看板のおもちゃ屋「だるまや」
2017-2-26-(33).jpg

大阪の友人が帰らなくてはいけない時間が迫ってきたので、
地下鉄で名古屋駅へ。

友人を見送ってから、横浜の友人と二人で、KITTE地下のカフェへ。
2017-2-26-(36).jpg
ここで、お互いが撮った画像を送り合ったり、
プリクラの画像をゲットしたりしていたら‥‥
今回のミニ同窓会、3人でLINEのグループを作ってもらったんですが、
これ、すっごく便利で楽しいですね!!(私はLINEのそんな使い方初めて)
‥‥友人の乗った新幹線は京都に着き、私が頼んだ
ドリンクの上のソフトクリームは溶けていましたー。

まだ横浜の友人が乗る新幹線には時間があるので、
夕食も食べたかったけど、カフェでスイーツも食べて
お腹空いてなかったので‥‥

KITTEの地下からの出口が、ルーセントタワーへの通路につながっているので、
ここの地下道、アートで楽しいんですよね。友人も気に入ってくれました。
2017-2-26-(42).jpg
2017-2-26-(44).jpg

過去記事: 名古屋ルーセントタワーへの地下道
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2012-08-27

まだ時間があったので、ミッドランドスクエアの最上階にある
屋外型展望施設「スカイプロムナード」を案内しました。

ここ、屋外なので、今の時期寒いってことと、
料金が750円かかるので、どうかなぁとも思ったんですけど。

‥‥夜景はそれなりにキレイだったけど、やっぱり寒く、
そんなに長い時間はいられないので、この料金は高いかなぁー。
(私は以前夏に行ったことがありますが、ビアガーデンがありました。
今は自販機はあるけど‥‥カフェでもあるといいんだけど。)
2017-2-26-(46).jpg

名古屋城が見えます
2017-2-26-(47).jpg

プラネタリウムで解説された金星が見えないかなと思ったんですが、
昼間はよく晴れていたのに、この時間はどんよりしていて見えませんでした。

すぐ西には、JRセントラルタワーズ(JR名古屋駅)が見えます。
このミッドランドスクエアができる前は、名古屋で最も高いビルで、
最上階には展望台もあったんですけど、今はありません。
2017-2-26-(49).jpg

大阪の友人と別れてから、3時間以上もあるって思ったんですが、
気が付いたら、ちゃんとしたお店で夕食を食べるほどの時間はなく、
コーヒーとサンドイッチを食べて別れました。

楽しかったですー。また会いましょうね!!

名古屋市科学館のHP: http://www.ncsm.city.nagoya.jp/
大須商店街公式WEBサイト: http://osu.co.jp/

----オマケ----
友人が「聖地巡り」社員旅行から送ってきた画像
seichimeguri-(1).jpg
seichimeguri-(2).jpg
seichimeguri-(3).jpg
seichimeguri-(5).jpg

飛騨古川あたり、「君の名は。」の聖地巡りとかって、
今、外国からもたくさん観光客が来るとか、湧いています。

これは1月7日(土)~2月19(日)まで飛騨市美術館(飛騨市古川町)で
やっていた「君の名は。」展のチラシ
kiminonaha.jpg
kiminonaha2.jpg

私は普段映画見ないんですが、そんなに評判になっているんだと、
イオンモールの映画館で2月4日、まだやっていた
「君の名は。」見てみました。‥‥うーん、私にはなんでこれがそんなに
ヒットしているのかよくわからなかったんですが‥‥確かに
映像はすごくきれいだけど、なんか登場人物に感情移入できなかったというか。

コミックカフェに一緒に行く友人は、このアニメすごく評価していて、
「もう宮崎駿はいらんワ」って言うんですけどね。

無料の地元情報誌「月刊ぷらざ」の記事
plaza-gifu-kiminonaha.jpg

「月刊ぷらざ」のHP: http://www.plaza-gifu.com/

紅葉始まった恵那峡へ行ってきました [旅行]

11月6日(日)、久しぶりに日曜日休みだったダンナが、
どこか紅葉狩りに行かないかと言うので、恵那峡に行くことにしました。

近年、かなり寂れたとは聞いていましたが、
かつては大変にぎわった行楽地です。
私、まだ行ったことがない‥‥って思ってたんですが、
旅行のお土産を持って実家へ行ったら、
私が幼稚園の頃に婦人会の旅行で行ったと母に言われました。
全く覚えてません。半世紀以上前のことですね。

私たちのことなので、日曜美術館が終わった10時過ぎに
やっと出発。小牧東ICから中央自動車道で恵那ICへ。

恵那ICを出て恵那峡方面の道路は少し渋滞してましたので、
この道でいいのねってわかったんですが、
その後はそれほどでもなく、かえって道がわからずに
(車にナビもついてないし、助手席のダンナは全く何もしてくれません)
ウロウロしてしまいまして‥‥栗きんとんの川上屋に
大型バスも含め車がいっぱい停まっていて驚いたり、
最近広告もたくさん見る「銀の森」も車の誘導の方も出て混雑してました。

とりあえず地図を確認するため「恵那峡」って書いてあった信号の
ところにあった駐車場に車を停めて、向かいの「恵那峡の里」って公園へ
行ってみました。恵那峡を見渡すことはできましたが‥‥
2016-11-6-(1).jpg

この公園、芝桜や花桃が植わっていて、花の時期にはきれいだそうですが、
今の時期は何もなく荒れた状態で、ヌスビトハギの種が服にいっぱい
ひっついてしまいました。<(~_~;)

ここの駐車場から歩く人もいましたが、軟弱な私たちは車に戻り、
かんぽの宿恵那へ行きました。
2016-11-6-(3).jpg

私たちのお出かけは、やっぱりメインは温泉なんです。
恵那峡に来たのも、恵那峡のホテル―湯快リゾート恵那国際ホテル、
恵那峡グランドホテル、かんぽの宿恵那―がどこも日帰り入浴可って
ことを調べてたから。

日帰り入浴の入口(階段を下りたここが1階で、
宿泊の入口やフロントは2階にあります。)
2016-11-6-(4).jpg

日帰り入浴800円で、ランチとのセット券が2,000円だったので、
そちらを購入。まず2階の食堂へ。

日帰り入浴とランチのセットは、平日は1,800円。
土日祝は2,000円ですが、フリードリンクが付きます。
(ランチのみは、平日1,300円、土日祝1,500円)

窓から恵那峡の景色を眺めながら‥‥
2016-11-6-(5).jpg
2016-11-6-(7).jpg

対岸の恵那峡ワンダーランド。
一時期経営悪化で閉鎖とか聞いたんですが、またやっているようですね。
Wikiで調べたら、以前の「恵那峡ランド」が2000年に閉鎖され、
2002年4月に恵那峡ワンダーランドとしてリニューアルオープンしたとのこと。
そうそう、昔は恵那峡をまたぐロープウェイがありましたっけ。
2016-11-6s-(3).jpg
恵那峡ワンダーランドの後ろの山に見える赤い部分、
山が崩落でもして山肌が見えているのか、何かの人造物かって思ったら、
「紅岩」って、コケにより紅色に見える巨石で、国の天然記念物なんだそう。

ランチをいただきました。
2016-11-6-(9).jpg

その後、1階の大浴場へ。ホントに広々~としたお風呂でした。
露天風呂やミストサウナ、深~いジェットバスとか色々ありました。
浴室用の車椅子があったり、車椅子の脱衣スペースがあったりと、
車椅子でも大浴場に入れるみたいですね。
今まで利用した日帰り温泉と比べて、日曜なのに、この設備なのになぜ?
って思う程空いていて、ゆったりつかることができました。

かんぽの宿を出て、車で移動するつもりでしたが、
駐車場から下へ降りる階段があり「恵那峡遊覧船乗り場近道」って
表示があったので、行ってみることにしました。

降りたところにあった観音像。
大井ダムの工事で犠牲になった人々の供養のために立てられたのだとか。
ポケモンGOのポケストップにもなっていました。
2016-11-6-(10).jpg

「回転展望レストラン シルバーレイク」って書いてありますが、
現在は回転していない様子。隣の湯快リゾート恵那峡国際ホテルの
施設として使われているようです。
2016-11-6-(12).jpg

この右手奥に恵那峡無料駐車場がありましたが、この時間(3時少し前)でも
駐車待ちの車の列ができていたので、かんぽの宿に停めてきて正解だったかも。

おぉ! 土産物屋の前の藤の大木、すごいですね!!
2016-11-6-(16).jpg

“昭和の観光地”って風情のお土産屋さん。
2016-11-6-(17).jpg

前方の大井ダムにせき止められて、ダム湖である恵那峡ができました。
2016-11-6-(19).jpg

恵那峡めぐりの遊覧船が帰ってきたところ
2016-11-6-(21).jpg

黄色いイチョウと赤く色づき始めた恵那市の木「ハナノキ」
2016-11-6-(22).jpg

ダム湖に突き出た「さざなみ公園」へ行ってみました。
桜の名所でもあるそうです。
2016-11-6-(25).jpg

ポケストップになっていた「緑の証跡」というモニュメント
2016-11-6-(26).jpg

先端のところに北原白秋の歌碑があります。
2016-11-6-(31).jpg

また藤棚の下を通って、遊覧船のりばの方へ。
2016-11-6-(32).jpg
2016-11-6-(33).jpg
2016-11-6-(94).jpg

遊覧船乗り場前のお土産屋さん。
2016-11-6-(35).jpg
昭和な雰囲気。

ここまで来たのだからと、遊覧船に乗ってみることにしました。
大人1人1,280円。結構長い行列ができていて、中国語も聞こえてました。
enakyo.jpg

恵那峡遊覧船のリーフレット中面
enakyo-2.jpg

ジェット船ではアナウンスを聞きながら、
両岸の奇岩の景観が楽しめました。
2016-11-6-(48).jpg

「虚無僧岩」かな。
2016-11-6s-(9).jpg

恵那峡大橋の下を通り、源済橋の下をくぐってと、
結構長い遊覧船コースですね。(往復20kmだとか)
2016-11-6-(49).jpg
2016-11-6-(51).jpg
2016-11-6-(52).jpg

四角い岩が品の字のように積み重なった「品の字岩」
2016-11-6-(56).jpg
ここで折り返します。

2016-11-6-(60).jpg
2016-11-6-(61).jpg

「屏風岩」かな。スマホを持つ手が映り込んでますが。
2016-11-6-(64).jpg

夕日に照らされて、紅葉がきれいです。
空に鳥がたくさん群れているのがわかりますか?
2016-11-6-(67).jpg

「獅子岩」
2016-11-6-(81).jpg

左が「獅子岩」、右が「金床岩」
2016-11-6-(84).jpg

約30分の恵那峡めぐり。
実は乗る前ちょっとバカにしてたんだけど面白かったです。
2016-11-6-(90).jpg
2016-11-6-(91).jpg

遊覧船のりばあたりにも水鳥がたくさんいました。
冬は遊覧船でバードウォッチングも楽しめるそう。
2016-11-6-(92).jpg

遊覧船のりばから「恵那峡グランドホテル・かんぽの宿近道」
ってあった遊歩道を歩いて上りました。
軟弱な私たちには結構キツかった。
2016-11-6s-(18).jpg

ふり返ると、恵那峡大橋がきれいに見えました。
2016-11-6s-(17).jpg

帰り、ちょっとお腹も空いたしと「銀の森」へ寄ったんだけど、
営業時間は6時までだけど、5時過ぎていたので、
レストラン等は終わっていて、お土産だけ買いました。

帰りも高速に入るつもりでいたけど、渋滞しているようなので、
下道を走って帰りました。

恵那市観光協会の恵那峡のページ: http://www.kankou-ena.jp/enakyo/
恵那峡観光マップがわかりやすいです。
http://www.kankou-ena.jp/pdf/pdf-low1.pdf
http://www.kankou-ena.jp/pdf/pdf-low2.pdf

かんぽの宿 恵那: http://www.kanponoyado.japanpost.jp/ena/

恵那峡遊覧船: http://www.tohsyoh.jp/ship/ship.html

オマケ:
行きの中央自動車道、トイレ休憩のために寄った虎渓山PA
ポケモンGOを起動してみたら、モンスターがいっぱい!!
2016-11-6p(3).jpg

ダンナとこんな写真も撮れちゃいました。
2016-11-6p(2).jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中山道赤坂宿と金生山 [旅行]

10月9日(日)、中山道赤坂宿にある旧清水家住宅で開催されている
三人展を見に行ったことは前記事で書きました。

古民家での展示、とても素敵でした。そして周辺の
中山道赤坂宿のたたずまいがまた良かったので、ちょっと歩いてみました。

旧清水家住宅の向かいの十六銀行の東隣は
「史跡 中山道赤坂宿本陣跡」って石碑がある公園になっていました。
2016-10-9-(26).jpg

公園の中に銅像があります。
2016-10-9-(34).jpg
「幕末憂国の青年志士 所 郁太郎」だそう。
 天保九年(1838)中山道赤坂宿 醸造家矢橋亦一の四男として誕生 十一歳のとき西方村(大野町)医師所伊織の養子となり(中略)二十三歳で大阪の適塾(緒方洪庵)に入門 福沢諭吉、大村益次郎ら多くの交友を得て 国事を論じた
(中略)
 慶応元年(1865)三月十三日吉敷の軍営で病死 享年二十八歳(中略)
 尚 元治元年俗論党に襲われ品詞の重傷をうけた井上聞多(後の明治の元勲井上肇)を手術し畳針で縫い その一命を救った話は小・中学校の教科書や伝記・小説にも紹介されている

と、碑文にありました。

少し行くと、踏切があります。「赤坂本町駅跡」と。
2016-10-9-(30).jpg

この線路、今は貨物列車が通るだけなんです。(西濃鉄道市橋線)
少し南に行くと、JRの美濃赤坂駅があります。
2016-10-9-(29).jpg

ここへ行った3日前の10月6日(木)に、貨物列車脱線のニュースが
ありましたが、このあたりだったよう。
chunichi-2016-10-6.jpg
中日新聞夕刊の記事

そのせいなのか、線路の補修をしていました。
2016-10-9-(28).jpg

おぉ、レトロモダン(?)な電気屋さん!
2016-10-9-(31).jpg

生活臭のあるレトロな雰囲気がいいな。
2016-10-9-(32).jpg

もう少し東へ行くと「昔、西美濃の産物や金生山の石灰等を運ぶ
水運交通の重要な要所で、かつては数百艘の船が出入りした

という赤坂港跡もあるそうです。

旧清水家住宅の西隣の家
2016-10-9-(39).jpg

2016-10-9-(40).jpg

風格のある建物は、国の有形文化財建造物・矢橋家住宅
2016-10-9-(41).jpg

江戸時代の代表的建築だそう。
2016-10-9-(43).jpg

宿場町らしい風格のある建物が並びます。
2016-10-9-(44).jpg

「史跡 中山道赤坂宿脇本陣跡」とありました。
「榎屋旅館」って看板がかかってますが‥‥
2016-10-9-(45).jpg

岐阜新聞・毎日新聞の赤坂販売所って看板が。
自動販売機も、古い街並みに配慮した木のカバーが。
隣は「赤坂宿は江戸から57番目の宿場」ってことで、
「五七」の看板が出てますが‥‥
2016-10-9-(47).jpg

「日蓮宗 妙法寺」
本陣跡公園に銅像があった所郁太郎のお墓があるそうです。
「史跡 戸田三弥墓」とも書いてあります。
2016-10-9-(48).jpg

スタンプラリーの旗が立っています。
中山道ぎふ17宿のスタンプラリーだそう。
詳しくはこちら: http://nakasendo.asia/
赤坂宿のスタンプはここで押せるようです。
2016-10-9-(49).jpg
スタンプの台紙があったので、赤坂宿のスタンプを押してきました。
3宿以上のスタンプから応募できるそうなので他も回ってみようかな。
nakasendo17.jpg

2016-10-9-(54).jpg

三人展で化石の話を聞いて、旧清水家住宅にリーフレットが置いてあった
「金生山化石館」へちょっと行ってみることにしました。
kinshozankaseki.jpg

私にはさっぱりですが、興味のある方が見られれば、
貴重な化石がいっぱい展示してあるところだろうと。
2016-10-9-(55).jpg
金生山化石館のウェブサイト:
http://www2.og-bunka.or.jp/bunka/manage/kaseki.html

駐車場からの眺めが素晴らしい! 大垣のソフトピアジャパン、
岐阜駅前のタワーや、一宮の138タワーも見えます。
2016-10-9-(56).jpg

金生山化石館の隣にあった金生山神社
2016-10-9-(58).jpg

金生山化石館からさらに上へ行く道があり、「こくぞうさん」って
書いてあったので、行ってみることにしました。
ものすごい坂道で、車で行っても大丈夫なのかと、
ちょっと不安になりながら‥‥

途中、こんな風景が見えたので、思わず車を停めて写真撮りました。
2016-10-9-(60).jpg
採掘のため、山がかなり削られています。
2016-10-9-(63).jpg
工場萌えww

この道大丈夫か??って不安だったのに、
おぉ、なんと立派なお寺ではないですか。
2016-10-9-(65).jpg

こちらの由来によりますと、
2016-10-9-(66).jpg

金生山明星輪寺(真言宗)
持統天皇の勅願により鎮護国家の道場として朱鳥元
年(686年)役の小角の創立にかかり七堂伽藍を
はじめ一山五坊を創建し本尊虚空蔵菩薩を安置す。
その後衰退していたが空海(弘法大師)来山し諸堂を
再建すこのとき桓武天皇は勅願を下し封戸三百石を
寄進された。久安四年雷火の為に伽藍は残らず焼失
したが時の住僧は八方に手を尽くし復興を図る。
その後慶長十四年美濃高須の城主徳永法印壽昌は本
堂をはじめ諸堂を再建された。江戸時代に入って大垣
藩主戸田家は代々祈願所と定め帰依し保護す、明治
維新以降は新時代信仰の対象として広く一般参詣者
を迎え法灯を今日に伝えている。


金生山明星輪寺のHP: http://www.mirai.ne.jp/~kinsyou3/

西美濃三十三霊場第三十一札場でもあります。
山門
2016-10-9-(68).jpg

県の重要文化財に指定されている、金剛力士像
2016-10-9-(69).jpg
2016-10-9-(70).jpg
「檜材を主体とした寄木造りで鎌倉時代初期に制作されたもの」だそう。

「子安子守地蔵大菩薩」のお堂
2016-10-9-(72).jpg

庫裏、書院の奥に本堂があります。
2016-10-9-(80).jpg

本堂の中に岩屋があって、その中に本尊が祀られています。
2016-10-9-(75).jpg

「大垣市指定名勝 金生山岩巣公園」
カルスト台地の縮小版として、無数の奇岩・怪石が乱立した自然岩公園
とのこと。
2016-10-9-(74).jpg

ちょっとだけ登ってみました。(もっと奥にも奇岩があるみたいです)
虎と、後ろの岩の上には牛も‥‥
2016-10-9-(76).jpg

蔵王権現堂と、上の岩に観音様が彫られています。
2016-10-9-(78).jpg

金生山のふもとの工場地区。いいなぁ!! 工場萌えww
この線路を、脱線した貨物列車は25両編成だったそうだけど、
そんなのが毎日三便通るんですか!!
2016-10-9-(83).jpg
貨物列車が通る時に写真撮りに来たいなぁ!!(あれ?私って鉄ちゃん?)

ここで石灰を貨車に積むのかな。
2016-10-9-(88).jpg

2016-10-9-(89).jpg

ここは以前は線路があったんだろうけど、今はないみたいですね。
2016-10-9-(84).jpg

2016-10-9-(85).jpg

削り取られた金生山
2016-10-9-(86).jpg

かつてはここまで線路があったのかな? いいカンジの廃墟。
2016-10-9-(87).jpg

近くの「昼飯大塚古墳(ひるいおおつかこふん)」も、
リーフレットで知って、ちょっと車で行ってみたら、す、すごい!!
墳丘の長さが150mにもなる岐阜県最大の前方後円墳で、
後円部の一部に復元ゾーンも設けられて、公園として整備されている
ようでしたが、もう暗くなっていたのであきらめました。
近くの池田温泉には何度か行っているのに、このあたり
知りませんでしたー。ぜひまた行かなくては!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

夜行高速バスで「ボッティチェリ展」へ。上野公園 [旅行]

3月7日(月)の夜行高速バスで東京へ行きました。
上野の東京都美術館「ボッティチェリ展」を見るために!
Botticelli.jpg

ボッティチェリは私の一番好きな画家です。
学生時代‥‥もう40年近く前ですが‥‥に、
私が買った世界美術全集(愛蔵普及版)集英社 は、
「ボッティチェルリ」と「ミケランジェロ」の巻
現代世界美術全集は「セザンヌ」「ゴーギャン」「クレー」
現代日本の美術の「東山魁夷」でした。
books.jpg

でも、ホンモノのボッティチェリの絵を見たのは一枚だけ。
2008年に松坂屋美術館でやっていた
「イタリア美術とナポレオン」展で、
ボッティチェッリの《聖母子と天使》が展示されるってので、
期待して見に行ったんですが‥‥

ボッティチェッリ《聖母子と天使》を見てきました
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2008-12-08
botticelli-2008.jpg
‥‥ちょっと期待外れみたいな印象だったんですよね。
師のフィリッポ・リッピの《聖母子と二天使》の影響の強い、
ボッティチェッリ20歳の頃の作品とのことでした。
(コルシカ島・フェッシュ美術館の収蔵品)

まぁ、今回の展覧会見てわかったんですが、私は要するに、
ボッティチェリの甘美な女性の顔が好きなんですよ。

ボッティチェリ、ルネサンス期の古い画家だし、
日本で見るのは難しいだろうなと思ってたんですが、
最近、ボッティチェリの展覧会が続きましたよね!

2014年10月11日(土)~12月14日(日) 東京都美術館
「ウフィツィ美術館展」は《パラスとケンタウロス》が
来るってことで、見に行きたかったですし、

2015年3月21日(土・祝)~6月28日(日) Bunkamuraザ・ミュージアム
「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」も
Botticelli-2015.jpg

わー、ボッティチェリだ! って思いましたが、
「ウフィツィ美術館展」よりはそそられなかったかな。
(女性の顔が好みとちょっと違う。ハハハ‥‥)

そして、この間の2月28日の日曜美術館のアートシーンで、
東京都美術館「ボッティチェリ展」が取り上げられて、
え?! こんなにボッティチェリの作品が来てるの?!!って驚いたんです。
《書物の聖母》は私の趣味ドンピシャ!!だったし!
それまで東京は遠いからなぁーってあきらめていたのが、
4月3日(日)までかーーってなっちゃいました。

で、私のパートは夜なんですが、最近朝が人員不足でヘルプを
頼まれるんです。3月7日(月)朝のパートで入って、夜は休み、
そして8日(火)は休みだったんです。
夜行バスでボッティチェリ展行くのはどうだろう? と思いつきまして、
岐阜バスに聞いてみたら、空いていたので。

岐阜バス 高速新宿線のページ: http://www.gifubus.co.jp/highway/shinjuku/

岐阜バスターミナル22:45発 新宿まで片道6,800円
2016-3-7i-(1).jpg

3列ひとり掛けのゆったりシートで快適です。
車内にトイレもあり、毛布やスリッパの用意もあります。
2016-3-7i-(3).jpg

新宿駅西口に翌日5:40着 3月8日(火)朝は霧が深かったですね
2016-3-8-(1).jpg

2016-3-8-(2).jpg
新宿駅からJR山手線で上野に。
2016-3-8i-(2).jpg

上野恩賜公園
2016-3-8-(8).jpg

わ~もう桜が咲いてる!! オオカンザクラ(大寒桜)だそう
2016-3-8-(7).jpg

上野公園には花をつける時期が違う約50種類の桜が植えられていて、
長い期間お花見を楽しむことができるそう。
2016-3-8-(12).jpg

広場でラジオ体操が終わったところでした。
たくさんの人がいて驚き!
2016-3-8-(17).jpg

東京都美術館の位置を確認 さすがにまだ並んでいる人はいません。
2016-3-8-(19).jpg

東京国立博物館と大噴水の池
東京国立博物館: http://www.tnm.jp/
2016-3-8-(20).jpg

野口英世像とカンヒザクラ(寒緋桜)
2016-3-8-(21).jpg

国立科学博物館
2016-3-8-(23).jpg

建物横のシロナガスクジラの原寸大模型が迫力!
2016-3-8-(24).jpg

特別展(恐竜博2016)もう並んでいる人がいる!!
(この日が初日だったから?)
2016-3-8-(26).jpg
国立科学博物館: http://www.kahaku.go.jp/

駅前に戻って、UENO3153 1階のフードコートで、
2016-3-8-(4).jpg

パンとコーヒーのモーニング360円をいただきました。
2016-3-8i-(3).jpg

不忍池の方へ行ってみました。
2016-3-8-(31).jpg

弁天堂
2016-3-8-(70).jpg

2016-3-8-(40).jpg

池には水鳥がたくさんいます。
黒と白がシャープで目立つのは「キンクロハジロ」渡り鳥だそう。
2016-3-8-(47).jpg
2016-3-8-(48).jpg

カワウ(ですよね? 私は鳥に詳しくないのですが)
2016-3-8-(46).jpg

旧岩崎邸庭園」の看板があって、近くだったので正門まで行ってみましたが、
開園時間は9時~5時で、まだ開門していませんでした。
ジョサイア・コンドルの設計による洋館、見てみたかったですが、
今回は時間がありません。
2016-3-8-(52).jpg

杭の上に一羽ずつユリカモメがとまっているのが面白い。
2016-3-8-(63).jpg
手前の鴨をアップで「オナガガモ」かな?
2016-3-8-(64).jpg

天気も良くなってきました。
2016-3-8-(66).jpg

高層ビルと野鳥の取り合わせが面白いです
2016-3-8-(68).jpg

高層ビルとボート
2016-3-8-(69).jpg

上野東照宮の門「重要文化財 1651年造営」だと。
2016-3-8-(74).jpg

五重塔
2016-3-8-(76).jpg

上野東照宮の境内
2016-3-8-(80).jpg

キラキラ!の唐門
2016-3-8-(79).jpg

スミマセン、ボッティチェリ展のことは次の記事で。
東京都美術館 3月8日(火)9時7分撮影
2016-3-8-(83).jpg
10人ほど並んでいました。
開門の9時30頃には100人程いたでしょうか。

「ボッティチェリ展」公式サイト: http://botticelli.jp/
東京都美術館: http://www.tobikan.jp/

東京国立博物館: http://www.tnm.jp/
国立科学博物館: http://www.kahaku.go.jp/

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

同窓会旅行2015(その2) 多摩美芸術祭へ [旅行]

大学時代の同級生が集まり、高尾の森わくわくビレッジに泊まって、
学生時代の8ミリフィルム上映会で盛り上がったことは前記事

11月3日(祝・火)は、母校の学園祭に行きました。

私は、大学を卒業した翌年に行ったきりなので、30数年ぶりです。
大学も周辺もすっかり変わったよ! とは聞いていましたが‥‥

まず、大学への入口が変わっていました、北側からだったのが、
新しい道ができていて、東側からになっているではありませんか!
2015-11-3s-(63).jpg

え?! どこの大学に来てしまったの?!!ってカンジ。
この立派な建物は「本部棟」とのこと。
2015-11-3s-(62).jpg
芸術祭にこんなに人が来ているのも驚き!
昔はとにかく交通の不便な山の中で、

周辺では羊が飼われていたんですよ!!
sheep.jpg

昔の大学への入口にあったお店「たまや」
カップラーメンのお湯の代金まで取ると文句言われてました。
TAMAYA.jpg

芸術祭も外部の人なんてほとんど来なかったのにー
(授業休みだからと、芸術祭の期間大学に来ない学生も結構いたし)

さらに驚いたのが、入口のところで無料配布していた芸術祭のガイド!!
いくらするのかな?って、財布を取り出しそうになりましたよ。

箔押しの表紙に
geisai-(1).jpg

最初に地図のページ
geisai-(8).jpg

模擬店の案内のページなんて、どこのグルメガイド?ってカンジだし。
geisai-(2).jpg

フリマもやってました。家族連れ、子どもも多くて驚き~!
2015-11-3s-(7).jpg
2015-11-3s-(8).jpg

構内のイチョウも色づいています。
2015-11-3s-(9).jpg

ゴミ分別が徹底されていました。
2015-11-3s-(10).jpg

ゴミ分別のゆるキャラまでいました!!
2015-11-3mi-co-(10).jpg

せっかく来たのだから展示を見ようと、
デザイン棟へ入りました。
geisai-(6).jpg

デザインの制作環境ってのも全く変わりましたね。
今はデジタルで名刺やポストカードなども簡単にプリントできますから、
展示の横に名刺が置いてあったりするんです。
geisai-(3).jpg

自分のイラストやデザインのポストカードやTシャツ作って販売していたり。

私たちが学生の頃と比べたら、完成度はとても高いです。
あの頃は、印刷のような文字が使いたくても、
手描き(レタリング)するか、インスタントレタリング(略してインレタ)って
転写するシールを使うか(これが結構高かったんですよねー。それに
使う文字と使わない文字があって不経済だったし)、奮発して
写植屋さんに発注して、それをペーパーセメントで貼り付けていくか。
文字ツメなんて、ナイフで写植文字を一文字ずつ切って貼っていったなー。
文字の修正なんかも切って貼って‥‥で、セーターの袖に写植文字が
からまっていたり。

デジタルで、美しい作品が簡単にできる分、なんかみんな同じような印象も
持っちゃったんですよね。アニメっぽいイラストも多くて、仲間と、
なんかコミケかクラフトフェアに来たみたいだねーって。
ま、デザイン棟しか見ていないからよけいそう感じたのかもしれませんが。

ザッと見ただけだけど、面白さとは何かとか考察して、例えば、
日の丸弁当のごはんと梅が逆になっていたりする画像を次々に
モニタに映し出していた「ITTI」展とか、
ボーイズ・ラブについて考察していた展示とか、
美大の入試問題をパロっていた「美大・受験『脱洗脳』展」とか
面白かった。今の入試問題のレベルの高さにも驚いたけど。
2015-11-3s-(13).jpg

建物の窓から見えるイチョウがきれい。
2015-11-3s-(14).jpg

コンピュータがずらっと並んだ教室にも驚きましたねー!!
2015-11-3s-(16).jpg

お腹も空いたので、模擬店へ
2015-11-3s-(17).jpg
2015-11-3s-(18).jpg

適当に買って、学食のテーブルで食べました。
アフリカンスープ400円(いろいろ入っていて美味しかった)
水餃子300円(50円引きのチケットもらって買いました)
コーラ200円‥‥だったかな。
2015-11-3s-(23).jpg

この日はやってなかったけど、なんか懐かしい学食のショーケース。
2015-11-3s-(20).jpg

学食に貼ってあったポスター
ハイ、まさに私たちが「あの時代」です。
10月10日(土)とのことで、もう終わったイベントですが。
2015-11-3s-(54).jpg

中央ステージの演奏
2015-11-3s-(26).jpg

そして、私たちが、ここだけは昔の面影が~!!ってはしゃいだのが、
本館(今は「共通教育棟」だそう)の建物と周辺。
2015-11-3sonomi-(3).jpg

もちろん、木々は大きくなっているし、建物の外壁がキレイになっていたり、
何よりエレベータが設置されていたりと、改修はされているんだけど、
2015-11-3s-(31).jpg
geisai-(4).jpg

この階段は昔のままだなー!!って。
2015-11-3s-(34).jpg

そして体育館は私たちの頃からありました。
昨夜の卒業式の8ミリで、本館から出てきて体育館で謝恩会をやった
ところを見たので、ここでも懐かしさに大盛り上がりしました。
2015-11-3s-(45).jpg
2015-11-3s-(46).jpg

学生時代を思い出して、とっても楽しかったです。

でも、学生の変化に一番驚いたのが、多摩美の広報の表紙の写真
geisai-(7).jpg
オリンパスホール八王子で行われた、2015年度の入学式だそう。
仲間と、なんで皆黒いスーツなんだー?!!って。

ま、私は息子の大学の入学式で学生が皆スーツ着てたのを知っているので、
美大でも今はこんなにキッチリしてるんだなって驚きでしたが、
子どもがいない同級生には、ものすごい衝撃だったようです。

私たちの入学式のことって、私は全く覚えてないんですが、
少なくともスーツなんて持ってなかったしー。
多分、本館(共通教育棟)の504教室でやったと思うんですけど。
まぁ、今は学科も増えて、学生数もずいぶん多くなったようですからね。

多摩美術大学のHP: http://www.tamabi.ac.jp/
タグ:昔のこと

同窓会旅行2015(その1) 8ミリ上映会 [旅行]

11月2日(月)~4日(水)、大学時代の同級生に会いに行きました。

例年、山梨の友人宅に集まることが多いのですが、

去年のことはこちら
猫メロ! 山梨同窓会2014 http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2014-12-07

去年の暮に、大学時代に一緒に映像制作をしていた仲間が2人
立て続けに亡くなったんですね。それで、今年は、
その8ミリフィルムの上映と、大学の学園祭(芸祭)に行こう
ということになりまして、大学にも近いこちらの宿泊施設を
予約してくれました。

高尾の森 わくわくビレッジ http://www.wakuwaku-village.com

いつも、企画・幹事、感謝!!です。

私のパートも少し余裕もできて、連休がとれたので、
久しぶりに大阪の友人の車に乗せて行ってもらうことができました。
こちらも感謝!!です。
前回乗せてもらったのは2009年ですか! (このブログを検索してわかりました)

山梨同窓会旅行2009 http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2009-11-10
この時は昨年亡くなった仲間の一人も来てたんですねぇー。

11月2日(月) 8時頃に我が家に迎えに来てもらい、本降りの雨の中、
まず山梨の友人宅へ。8ミリ映写機やスクリーンがわりのパネル等の
荷物でいっぱいの車に友人を乗せて(今回は旦那様は留守番)
高尾の森 わくわくビレッジへ向かいました。

途中、談合坂SAで昼食。
私は担々麺850円 辛いラーメンにごはん付きってのが嬉しい。
2015-11-2-(5).jpg

友人たちは鶏塩ラーメン780円を食べました。
のっている鶏肉を少し食べさせてもらったけど、柔らかくて美味しかった。
2015-11-2-(7).jpg

券売機でチケットを買うと、自動的に厨房に伝わり、出来上がると、
モニターに番号が出るので取りに行くという、
ハイテク(?)システムでありました。

八王子JCTから圏央道へ入り、八王子西ICで降りて約10分。
住宅街の突き当りにありました。

高尾の森 わくわくビレッジ
2015-11-2-(9).jpg

チェックインは3時なので、友人が8ミリ映写機の試写をするために、
小さな研修室を借りてくれていたので、まずそちらへ。
(夜もここを借りられたらよかったんですけど、
翌日にイベントがあるので、準備のために午後5時半までしか
借りられなかったので、上映会は宿泊室でやりました。)

今は生産中止で貴重な8ミリ映写機
2015-11-2-(12).jpg

久しぶりの操作にまごつきます。
2015-11-2-(11).jpg

5時半前に撤収して宿泊室へ。
とても大きな施設で驚きます。学校単位などでの利用もあるみたい。
2015-11-2-(14).jpg

月曜日で、東京の友人たちは仕事の後で駆けつける予定なので、
食事の前に大浴場へ。

それからレストランへ。友人が予約してくれた「わくわく御膳」
2015-11-2-(17).jpg

さらに、ビールやワイン、焼酎、豪華なおつまみまで予約してくれてました!!
2015-11-2-(19).jpg

食事中に、遅くなるという一人を除く東京組が到着。
今回の宿泊者は総勢8人(同級生ではない元会社の同僚も含めて)

食事後に2部屋の宿泊室の1室に集まって8ミリ上映会です。

まずは卒業式のフィルムで盛り上がり

3年次の学園祭に上映した「ALICE」
2015-11-2s-(1).jpg

「不思議の国のアリス」をモトに、4グループに分かれて制作しました。
2015-11-2s-(7).jpg

3面マルチスクリーンで制作したので、
3台の映写機を合わせるのにいつも苦労したなぁー。
2015-11-2s-(9).jpg

2015-11-2s-(10).jpg

上映中の声も入ってます。

私たちは人形アニメにチャレンジしたんだけど、
一晩かかって、アリスを3歩しか歩かせることができなくて、
(私は覚えてないんだけど友人によると)
「しーちゃん泣いちゃったもんね」と。


メイキングの写真がありました。白黒なのは、
自分でフィルム現像・引き伸ばしをしていたからです。
ALICEmaking2.jpg
ALICEmaking3.jpg

2015-11-2s-(15).jpg
2015-11-2s-(17).jpg

こちらは、今回は来ていない友人が卒業制作で作った
8ミリフィルム。「アオイホノオみたい」って声も入ってますが、
まさにそんなカンジ。上映中大盛り上がりです。


ここで、部屋に「うるさくて子どもが眠れないと苦情が来ている」と電話~~
時刻を見たらもう11時過ぎで、一同反省したのでした。

なので、かなり音を絞って、笑い声も控えて上映
こちらは大阪の友人の卒業制作の、3面マルチスクリーン8ミリフィルム

友人たちの演技もなかなかです。

8ミリフィルムはまだまだあったけど、夜も遅いので。

翌日の朝食は広いレストランでバイキング
2015-11-3-(1).jpg
2015-11-3-(3).jpg

私たちが泊まった6名用の和室(4名で宿泊)
布団の上げ下ろしは自分たちでやります。
2015-11-3-(7).jpg

11月3日(祝・火)は、この施設のフェスティバルが行われるそうで、
私たちがチェックアウトする10時頃には、家族連れが続々到着しつつ
ありました。(なので逆に宿泊者は少なかったそうで、普段なら
宿泊の予約がなかなかとれない人気の施設だとか)

さて、いよいよ母校へ向かいます。
私は大学を卒業した次の年に行ったきりなので、30数年ぶり~~
そのことは次の記事で。

まるで私たちの青春時代のようなドラマ
「アオイホノオ」


島本和彦の自伝的マンガが原作です。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

池田温泉新館ふくしの湯 [旅行]

今年の秋はカレンダーの並びが良くて、人によっては5連休となりましたね。
(次に5連休となるのは次は11年後ですって?)
「シルバーウィーク」って名称も定着したのかな?

そして、今年のシルバーウィークは、9月には珍しく(?)
ずっと天気も良くて、行楽日和が続きました。
観光地や高速道路の渋滞のニュースも伝わってきましたが、
皆様いかがお過ごしでしたか?

私のパートはかえって定休日の日曜が出勤になったりしましたが、
交替で、22日(火・国民の休日)が休みになりました。

そこで、母と池田温泉に行ってきました。

腰部脊柱管狭窄症で手術したのですが、あまり経過が良くなくて、
かえって足の麻痺がひどくなり、車椅子生活になってしまった母。

週3日のデイケアでお風呂に入れてもらっているんですが、
デイケアが休みになるお正月に、母と
海津温泉の「ふくしの湯」に行ったことはこちらの記事に
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2015-01-05

その後、3月の春分の日にも海津温泉に行って来ました。

今回のシルバーウィークもデイケアが休みになるので、
22日の予約をしようと、海津温泉の電話番号を調べるつもりで、
ネットで「ふくしの湯」で検索したんです。

そうしたら一番上に池田温泉が出てきました。
池田温泉には、本館しかなかった頃から2、3回行ったことがあります。
なになに? 池田温泉にもふくしの湯があるの?と。

池田温泉新館ふくしの湯
http://ikedaonsen.jp/hukushinoyu/

池田温泉のウェブサイトを見て、今回はこちらへ行ってみようかなと、
電話で13:30~の回を予約しました。

我が家からは海津温泉も池田温泉も同じくらいの、
車で1時間程で行くことができます。

途中の川の土手には彼岸花がたくさん咲いていました。

ちょっと早めの11時頃に出発して12時頃に到着。
池田温泉新館の前には、ふくしの湯利用者専用の駐車スペースがあって
ありがたいですが、受付に言ってチェーンを外してもらわなくてはならず、
混雑している中、スタッフの方に来てもらうのは恐縮してしまいます。
(一般の方の駐車場は下にあって、皆さん坂を上って新館入口にいらっしゃいます)

受付前のロビーも狭いカンジで、人でごったがえしていました。
まず食事をしようと、2階の食堂へ。
こちらも12時過ぎとあって、わりと広い座敷とテーブル席の部屋が
ありましたが、席を待つ人が並んでいて、
チーフらしい方が声をからして大勢のスタッフに指図していました。

テーブル席に案内されて(慣れたカンジで車椅子を押してくださいました)
母は、「刺身定食」1,520円を、
私は、一番人気だという「美濃ヘルシーポーク とんてき定食」1,350円を注文。
2015-9-22-(1).jpg
ニンニクがゴロゴロ! 見た目ほど辛くなく、豚肉も柔らかかった。
混雑しているので覚悟していましたが、注文から出てくるまでわりと早かったです。

惣菜などを自分でとってくるコーナーやドリンクバーもあるんですね。

食事を終えて、ロビーに行くも、人でいっぱいです。
トイレに行くにも、車椅子で通るのに、いちいち声をかけて
人にどいてもらわないと行けませんでした。

受付でふくしの湯の書類を書いて、券売機で入浴料大人500円×2人分を買い、
時間になって案内してもらいました。
ふくしの湯の中は、脱衣場も浴場も広いです。

脱衣場にトイレがあるのもいいですね。
さっき、人をかきわけてトイレに行かなくてもよかったな。
2015-9-22-(5).jpg

浴室には車椅子に座ったまま入浴できる電動リフトもあるので、
かなり体の不自由な方の入浴もできますね。
母は手すりがあればゆっくり伝って入れるので使いませんでしたが。
2015-9-22-(2).jpg

洗い場は1人分しかないので、交替で使わないといけません。
2015-9-22-(4).jpg
お湯は無色透明で、一見フツーのお湯のように見えるんですが、
入ると、肌がつるつるしたカンジで、明らかに普通の湯とは違うのがわかります。

この、肌のしっとり・つるつる感は翌日くらいまで感じることができました。
この泉質が人気なんでしょうね。
連休だからよけい混雑したんでしょうが、
ネットの口コミを見ても、混んでいたってのが多いですね。
そういや私も、昔来た時、日曜だからかすごく混んでたことを思い出しました。

母のおかげ(?)で、広い「ふくしの湯」にゆったりつかることができて、
これは役得だったかも!

お風呂からあがっても、ロビーは混雑していて、
ゆっくり休めるような場所もなさそうなので、
ふくしの湯を出たことをスタッフの方に告げて、
駐車場のチェーンをはずしてもらって、車を出しました。

お土産も買いたかったので、すぐ近くの道の駅「池田温泉」へ。
こちらも混んでいて、広い駐車場もほぼ満車。
なんとか駐車スペース(一般の場所でしたが一番端だったので
車椅子の乗り降りができてラッキー)を見つけることができました。

シルバーウィーク中のイベントとして、
吉本新喜劇のホンモノのセットが展示されていました。
写真撮影もできるとのことでしたが、ビニールがかけられていて、
あまりうまく写りそうになかったし、人もいっぱいだったので‥‥。
若手芸人の公演もあるとのことでした。

ここの道の駅は、JAの野菜直売所の他、バウムクーヘンのお店とか、
小さなお店がそれぞれにあるってカンジですね。
ナゼか、蟹や海産物の特売とかやってて、
うーん池田温泉に来てこれは‥‥?って。

とりあえず、喉が渇いていたので(いつもお風呂あがりには自販機などの
ドリンクでのんびりするんですけど、今回できなかったので)
揖斐茶を売っている店でアイスグリーンティを飲みました。

他の道の駅なんかでは、箱に入ったお土産みたいなのが積んであるのを
見るんですが、ここはあまり目につかず、やっとあったと思ったら、
「岐阜枝豆チョコサンドクッキー」とか「長良川○○」「鵜飼○○」
うーん、これらはウチの近くのスーパーでも売ってるしなーと。

まぁこれでも仕方ないかーと半分あきらめていたら見つけました。
「いげたやの肉桂餅(にっきもち)」
2015-9-22-(8).jpg
揖斐郡池田町の古くからの和菓子舗のお餅だそう。
6個入りで700円でした。
2015-9-22-(10).jpg
母の家族へのお土産用と、ウチにも買ってもらいました。
肉桂(シナモン)の味がして美味しかったです。

肉桂餅本舗いげたやのHP: http://www.igetaya.jp/

一般の入浴料と同じ500円で、これだけの施設が利用できるのは嬉しいですね。
もう少し、ロビーとかゆったりできるといいんだけど‥‥。
池田温泉のウェブサイト: http://ikedaonsen.jp/
池田温泉新館ふくしの湯: http://ikedaonsen.jp/hukushinoyu/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

飛騨古川の起し太鼓を見に行きました(3) 高山泊と市内散策 [旅行]

4月19日(日)ダンナと飛騨古川の起し太鼓を見に行ったことの続きです。

宿泊は、割引券が手に入るので、ルートイングルーブのホテル
ルートイングランティア飛騨高山へ。

禁煙ツインの部屋を予約したのですが、
「こちらの都合で」と、和洋室の部屋に通されました。
2015-4-20-(2).jpg

わー広い!! ラッキー!
ソファはエキストラベッドになるし、
畳のコーナーに布団を敷けば、もっと大勢でも泊まることができる部屋ですね!
2015-4-20-(5).jpg

ルートインの“ウリ”は大浴場と朝食バイキング

大浴場、結構広くて良かったです。
そして朝食バイキング。いろんな料理が並んでいます。
2015-4-20i-(6).jpg

ご飯に胡麻がゆにパン、ジュースに牛乳にコーヒーと揃っています。
飛騨らしい朴葉みそや煮たくもじ(煮た漬物)もありました。
2015-4-20i-(7).jpg

朝からしっかりいただきますー。
2015-4-20i-(3).jpg

ロビー 無料のウェルカムコーヒー(ドトール)があります。2015-4-20-(8).jpg

お土産コーナーもありました。
2015-4-20-(9).jpg

ホテル全景
2015-4-20-(11).jpg

ホテルの近くに咲いていた桜。山桜かな?
2015-4-20-(14).jpg

20日(月)は、できたらゆっくりしたかったんですが、
夕方からのパートが休めなくて‥‥
高山12:33発の特急に乗らなくてはならなかったんです。

それまでどうしようか?
ルートイングランティア飛騨高山は高山市内からはちょっと離れたところに
あるんですね。「まつりの森」という、高山の屋台を再現して、
からくり人形の上演も行っているという観光施設が近くにあるんですが、
そこへ行くと、高山までのバスもちょうどいい時間にないし、
ルートイングランティア飛騨高山から高山駅への無料シャトルバスが、
朝は10:30が最終だったので、それで高山駅まで出ることにしました。

列車の時間まではまだ2時間近くあったので、市内を散策してくることに。

おぉ、レトロな看板。ミツワ石鹸かー(ワ、ワ、ワー、輪が三つ)
2015-4-20-(20).jpg

「加藤医院前」ってバス停
2015-4-20-(26).jpg

その「加藤医院」!!
2015-4-20-(27).jpg

昭和レトロな建物 精肉店「天狗総本店」
2015-4-20-(29).jpg

筏橋 奥に見える赤い橋が中橋
2015-4-20-(31).jpg

人力車も走っていますね。
2015-4-20-(33).jpg

宮川沿いの桜。七分咲きくらいかな。
2015-4-20-(36).jpg

宮川をバックに桜
2015-4-20-(38).jpg

枝にヒヨドリが
2015-4-20-(39).jpg
2015-4-20-(40).jpg

赤い中橋と桜
2015-4-20-(42).jpg

観光客でいっぱいです!
雨の月曜日なのに?! 中国語や外国語が飛び交っています。
2015-4-20-(43).jpg

高山陣屋前の朝市
2015-4-20-(46).jpg

高山陣屋 記念撮影をする人がたくさんいます。
私もダンナも陣屋は見てるので今回は入りませんでした。
2015-4-20-(47).jpg

陣屋前広場に立つ山岡鉄舟の像
「青雲」若き日の山岡鉄舟 三坂耿一郎 1987年制作
2015-4-20-(50).jpg
幕末・明治初期の剣客・政治家山岡鉄舟は、飛騨21代郡代小野朝右衛門高福の子で父の赴任にともない少年時代を高山で過ごした。大志を抱く鉄舟がゆかりの地に凛々しく立つ。
(「岐阜県・パブリック・アート・ガイドブック」より)

おぉー!!レトロな銭湯発見! まだ営業しているようですね!!
2015-4-20-(53).jpg

古い町並みが残る上三之町の通りへ入ると、この人出!!
この雨なのに?月曜なのに?!!
2015-4-20-(56).jpg
2015-4-20-(57).jpg
2015-4-20-(59).jpg
2015-4-20-(60).jpg
2015-4-20-(61).jpg
2015-4-20-(64).jpg

この水車で動くからくり人形面白かった。
2015-4-20-(65).jpg
人形が箱を上げるたびに、中の品物が変わります!
2015-4-20-(68).jpg
2015-4-20-(69).jpg

おぉ!なんともレトロなせんべい屋さん!
2015-4-20-(70).jpg

高山名物みだらし団子を食べて、駅へ戻りました。
1時間ちょっとの散策にしては、ずいぶん写真撮ってる?

高山駅は今、改装工事中。
観光都市の玄関としてふさわしい自由通路・高山駅
平成28年(2016年)秋の完成を目指していますと。
2015-4-20-(74).jpg

12:33発ワイドビューひだ10号
2015-4-20-(77).jpg

ワイドビューひだ車内
2015-4-20-(76).jpg

車いすのお客様優先席がありました。
2015-4-20-(75).jpg

洗面所
2015-4-20-(78).jpg

車窓から見た臥龍桜 見頃なのに、雨のためか観光客がほとんどいません。
2015-4-20-(80).jpg

高山駅で買った駅弁をいただきました(車内販売はありません)
2015-4-20-(81).jpg

雨は本降り。今年の4月は雨が多いですね。
14・15日の高山祭も2日間とも雨でしたが、
19・20日の古川祭も2日間とも雨~
(でも、新聞に「雨で高山祭の人出激減」ってあった割には、
 あの観光客の多さは?ってカンジなんですけど。)
2015-4-20-(87).jpg

車窓より飛水峡
2015-4-20-(88).jpg

ルートイングループのHP: http://www.route-inn.co.jp/
ルートイングランティア飛騨高山: http://www.hotel-grantia.co.jp/hidatakayama/
まつりの森: http://www.togeihida.co.jp/

ルートイングランティア飛騨高山の部屋に出されていたお菓子「干し梅」
美味しかったので、飛騨とは全く関係ないけど(中国産とか)
お土産に買ってきてしまいました。あげた先でも好評です。
楽天市場にもありました。


楽天トラベル


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行