So-net無料ブログ作成

中山道赤坂宿と金生山 [旅行]

10月9日(日)、中山道赤坂宿にある旧清水家住宅で開催されている
三人展を見に行ったことは前記事で書きました。

古民家での展示、とても素敵でした。そして周辺の
中山道赤坂宿のたたずまいがまた良かったので、ちょっと歩いてみました。

旧清水家住宅の向かいの十六銀行の東隣は
「史跡 中山道赤坂宿本陣跡」って石碑がある公園になっていました。
2016-10-9-(26).jpg

公園の中に銅像があります。
2016-10-9-(34).jpg
「幕末憂国の青年志士 所 郁太郎」だそう。
 天保九年(1838)中山道赤坂宿 醸造家矢橋亦一の四男として誕生 十一歳のとき西方村(大野町)医師所伊織の養子となり(中略)二十三歳で大阪の適塾(緒方洪庵)に入門 福沢諭吉、大村益次郎ら多くの交友を得て 国事を論じた
(中略)
 慶応元年(1865)三月十三日吉敷の軍営で病死 享年二十八歳(中略)
 尚 元治元年俗論党に襲われ品詞の重傷をうけた井上聞多(後の明治の元勲井上肇)を手術し畳針で縫い その一命を救った話は小・中学校の教科書や伝記・小説にも紹介されている

と、碑文にありました。

少し行くと、踏切があります。「赤坂本町駅跡」と。
2016-10-9-(30).jpg

この線路、今は貨物列車が通るだけなんです。(西濃鉄道市橋線)
少し南に行くと、JRの美濃赤坂駅があります。
2016-10-9-(29).jpg

ここへ行った3日前の10月6日(木)に、貨物列車脱線のニュースが
ありましたが、このあたりだったよう。
chunichi-2016-10-6.jpg
中日新聞夕刊の記事

そのせいなのか、線路の補修をしていました。
2016-10-9-(28).jpg

おぉ、レトロモダン(?)な電気屋さん!
2016-10-9-(31).jpg

生活臭のあるレトロな雰囲気がいいな。
2016-10-9-(32).jpg

もう少し東へ行くと「昔、西美濃の産物や金生山の石灰等を運ぶ
水運交通の重要な要所で、かつては数百艘の船が出入りした

という赤坂港跡もあるそうです。

旧清水家住宅の西隣の家
2016-10-9-(39).jpg

2016-10-9-(40).jpg

風格のある建物は、国の有形文化財建造物・矢橋家住宅
2016-10-9-(41).jpg

江戸時代の代表的建築だそう。
2016-10-9-(43).jpg

宿場町らしい風格のある建物が並びます。
2016-10-9-(44).jpg

「史跡 中山道赤坂宿脇本陣跡」とありました。
「榎屋旅館」って看板がかかってますが‥‥
2016-10-9-(45).jpg

岐阜新聞・毎日新聞の赤坂販売所って看板が。
自動販売機も、古い街並みに配慮した木のカバーが。
隣は「赤坂宿は江戸から57番目の宿場」ってことで、
「五七」の看板が出てますが‥‥
2016-10-9-(47).jpg

「日蓮宗 妙法寺」
本陣跡公園に銅像があった所郁太郎のお墓があるそうです。
「史跡 戸田三弥墓」とも書いてあります。
2016-10-9-(48).jpg

スタンプラリーの旗が立っています。
中山道ぎふ17宿のスタンプラリーだそう。
詳しくはこちら: http://nakasendo.asia/
赤坂宿のスタンプはここで押せるようです。
2016-10-9-(49).jpg
スタンプの台紙があったので、赤坂宿のスタンプを押してきました。
3宿以上のスタンプから応募できるそうなので他も回ってみようかな。
nakasendo17.jpg

2016-10-9-(54).jpg

三人展で化石の話を聞いて、旧清水家住宅にリーフレットが置いてあった
「金生山化石館」へちょっと行ってみることにしました。
kinshozankaseki.jpg

私にはさっぱりですが、興味のある方が見られれば、
貴重な化石がいっぱい展示してあるところだろうと。
2016-10-9-(55).jpg
金生山化石館のウェブサイト:
http://www2.og-bunka.or.jp/bunka/manage/kaseki.html

駐車場からの眺めが素晴らしい! 大垣のソフトピアジャパン、
岐阜駅前のタワーや、一宮の138タワーも見えます。
2016-10-9-(56).jpg

金生山化石館の隣にあった金生山神社
2016-10-9-(58).jpg

金生山化石館からさらに上へ行く道があり、「こくぞうさん」って
書いてあったので、行ってみることにしました。
ものすごい坂道で、車で行っても大丈夫なのかと、
ちょっと不安になりながら‥‥

途中、こんな風景が見えたので、思わず車を停めて写真撮りました。
2016-10-9-(60).jpg
採掘のため、山がかなり削られています。
2016-10-9-(63).jpg
工場萌えww

この道大丈夫か??って不安だったのに、
おぉ、なんと立派なお寺ではないですか。
2016-10-9-(65).jpg

こちらの由来によりますと、
2016-10-9-(66).jpg

金生山明星輪寺(真言宗)
持統天皇の勅願により鎮護国家の道場として朱鳥元
年(686年)役の小角の創立にかかり七堂伽藍を
はじめ一山五坊を創建し本尊虚空蔵菩薩を安置す。
その後衰退していたが空海(弘法大師)来山し諸堂を
再建すこのとき桓武天皇は勅願を下し封戸三百石を
寄進された。久安四年雷火の為に伽藍は残らず焼失
したが時の住僧は八方に手を尽くし復興を図る。
その後慶長十四年美濃高須の城主徳永法印壽昌は本
堂をはじめ諸堂を再建された。江戸時代に入って大垣
藩主戸田家は代々祈願所と定め帰依し保護す、明治
維新以降は新時代信仰の対象として広く一般参詣者
を迎え法灯を今日に伝えている。


金生山明星輪寺のHP: http://www.mirai.ne.jp/~kinsyou3/

西美濃三十三霊場第三十一札場でもあります。
山門
2016-10-9-(68).jpg

県の重要文化財に指定されている、金剛力士像
2016-10-9-(69).jpg
2016-10-9-(70).jpg
「檜材を主体とした寄木造りで鎌倉時代初期に制作されたもの」だそう。

「子安子守地蔵大菩薩」のお堂
2016-10-9-(72).jpg

庫裏、書院の奥に本堂があります。
2016-10-9-(80).jpg

本堂の中に岩屋があって、その中に本尊が祀られています。
2016-10-9-(75).jpg

「大垣市指定名勝 金生山岩巣公園」
カルスト台地の縮小版として、無数の奇岩・怪石が乱立した自然岩公園
とのこと。
2016-10-9-(74).jpg

ちょっとだけ登ってみました。(もっと奥にも奇岩があるみたいです)
虎と、後ろの岩の上には牛も‥‥
2016-10-9-(76).jpg

蔵王権現堂と、上の岩に観音様が彫られています。
2016-10-9-(78).jpg

金生山のふもとの工場地区。いいなぁ!! 工場萌えww
この線路を、脱線した貨物列車は25両編成だったそうだけど、
そんなのが毎日三便通るんですか!!
2016-10-9-(83).jpg
貨物列車が通る時に写真撮りに来たいなぁ!!(あれ?私って鉄ちゃん?)

ここで石灰を貨車に積むのかな。
2016-10-9-(88).jpg

2016-10-9-(89).jpg

ここは以前は線路があったんだろうけど、今はないみたいですね。
2016-10-9-(84).jpg

2016-10-9-(85).jpg

削り取られた金生山
2016-10-9-(86).jpg

かつてはここまで線路があったのかな? いいカンジの廃墟。
2016-10-9-(87).jpg

近くの「昼飯大塚古墳(ひるいおおつかこふん)」も、
リーフレットで知って、ちょっと車で行ってみたら、す、すごい!!
墳丘の長さが150mにもなる岐阜県最大の前方後円墳で、
後円部の一部に復元ゾーンも設けられて、公園として整備されている
ようでしたが、もう暗くなっていたのであきらめました。
近くの池田温泉には何度か行っているのに、このあたり
知りませんでしたー。ぜひまた行かなくては!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

夜行高速バスで「ボッティチェリ展」へ。上野公園 [旅行]

3月7日(月)の夜行高速バスで東京へ行きました。
上野の東京都美術館「ボッティチェリ展」を見るために!
Botticelli.jpg

ボッティチェリは私の一番好きな画家です。
学生時代‥‥もう40年近く前ですが‥‥に、
私が買った世界美術全集(愛蔵普及版)集英社 は、
「ボッティチェルリ」と「ミケランジェロ」の巻
現代世界美術全集は「セザンヌ」「ゴーギャン」「クレー」
現代日本の美術の「東山魁夷」でした。
books.jpg

でも、ホンモノのボッティチェリの絵を見たのは一枚だけ。
2008年に松坂屋美術館でやっていた
「イタリア美術とナポレオン」展で、
ボッティチェッリの《聖母子と天使》が展示されるってので、
期待して見に行ったんですが‥‥

ボッティチェッリ《聖母子と天使》を見てきました
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2008-12-08
botticelli-2008.jpg
‥‥ちょっと期待外れみたいな印象だったんですよね。
師のフィリッポ・リッピの《聖母子と二天使》の影響の強い、
ボッティチェッリ20歳の頃の作品とのことでした。
(コルシカ島・フェッシュ美術館の収蔵品)

まぁ、今回の展覧会見てわかったんですが、私は要するに、
ボッティチェリの甘美な女性の顔が好きなんですよ。

ボッティチェリ、ルネサンス期の古い画家だし、
日本で見るのは難しいだろうなと思ってたんですが、
最近、ボッティチェリの展覧会が続きましたよね!

2014年10月11日(土)~12月14日(日) 東京都美術館
「ウフィツィ美術館展」は《パラスとケンタウロス》が
来るってことで、見に行きたかったですし、

2015年3月21日(土・祝)~6月28日(日) Bunkamuraザ・ミュージアム
「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」も
Botticelli-2015.jpg

わー、ボッティチェリだ! って思いましたが、
「ウフィツィ美術館展」よりはそそられなかったかな。
(女性の顔が好みとちょっと違う。ハハハ‥‥)

そして、この間の2月28日の日曜美術館のアートシーンで、
東京都美術館「ボッティチェリ展」が取り上げられて、
え?! こんなにボッティチェリの作品が来てるの?!!って驚いたんです。
《書物の聖母》は私の趣味ドンピシャ!!だったし!
それまで東京は遠いからなぁーってあきらめていたのが、
4月3日(日)までかーーってなっちゃいました。

で、私のパートは夜なんですが、最近朝が人員不足でヘルプを
頼まれるんです。3月7日(月)朝のパートで入って、夜は休み、
そして8日(火)は休みだったんです。
夜行バスでボッティチェリ展行くのはどうだろう? と思いつきまして、
岐阜バスに聞いてみたら、空いていたので。

岐阜バス 高速新宿線のページ: http://www.gifubus.co.jp/highway/shinjuku/

岐阜バスターミナル22:45発 新宿まで片道6,800円
2016-3-7i-(1).jpg

3列ひとり掛けのゆったりシートで快適です。
車内にトイレもあり、毛布やスリッパの用意もあります。
2016-3-7i-(3).jpg

新宿駅西口に翌日5:40着 3月8日(火)朝は霧が深かったですね
2016-3-8-(1).jpg

2016-3-8-(2).jpg
新宿駅からJR山手線で上野に。
2016-3-8i-(2).jpg

上野恩賜公園
2016-3-8-(8).jpg

わ~もう桜が咲いてる!! オオカンザクラ(大寒桜)だそう
2016-3-8-(7).jpg

上野公園には花をつける時期が違う約50種類の桜が植えられていて、
長い期間お花見を楽しむことができるそう。
2016-3-8-(12).jpg

広場でラジオ体操が終わったところでした。
たくさんの人がいて驚き!
2016-3-8-(17).jpg

東京都美術館の位置を確認 さすがにまだ並んでいる人はいません。
2016-3-8-(19).jpg

東京国立博物館と大噴水の池
東京国立博物館: http://www.tnm.jp/
2016-3-8-(20).jpg

野口英世像とカンヒザクラ(寒緋桜)
2016-3-8-(21).jpg

国立科学博物館
2016-3-8-(23).jpg

建物横のシロナガスクジラの原寸大模型が迫力!
2016-3-8-(24).jpg

特別展(恐竜博2016)もう並んでいる人がいる!!
(この日が初日だったから?)
2016-3-8-(26).jpg
国立科学博物館: http://www.kahaku.go.jp/

駅前に戻って、UENO3153 1階のフードコートで、
2016-3-8-(4).jpg

パンとコーヒーのモーニング360円をいただきました。
2016-3-8i-(3).jpg

不忍池の方へ行ってみました。
2016-3-8-(31).jpg

弁天堂
2016-3-8-(70).jpg

2016-3-8-(40).jpg

池には水鳥がたくさんいます。
黒と白がシャープで目立つのは「キンクロハジロ」渡り鳥だそう。
2016-3-8-(47).jpg
2016-3-8-(48).jpg

カワウ(ですよね? 私は鳥に詳しくないのですが)
2016-3-8-(46).jpg

旧岩崎邸庭園」の看板があって、近くだったので正門まで行ってみましたが、
開園時間は9時~5時で、まだ開門していませんでした。
ジョサイア・コンドルの設計による洋館、見てみたかったですが、
今回は時間がありません。
2016-3-8-(52).jpg

杭の上に一羽ずつユリカモメがとまっているのが面白い。
2016-3-8-(63).jpg
手前の鴨をアップで「オナガガモ」かな?
2016-3-8-(64).jpg

天気も良くなってきました。
2016-3-8-(66).jpg

高層ビルと野鳥の取り合わせが面白いです
2016-3-8-(68).jpg

高層ビルとボート
2016-3-8-(69).jpg

上野東照宮の門「重要文化財 1651年造営」だと。
2016-3-8-(74).jpg

五重塔
2016-3-8-(76).jpg

上野東照宮の境内
2016-3-8-(80).jpg

キラキラ!の唐門
2016-3-8-(79).jpg

スミマセン、ボッティチェリ展のことは次の記事で。
東京都美術館 3月8日(火)9時7分撮影
2016-3-8-(83).jpg
10人ほど並んでいました。
開門の9時30頃には100人程いたでしょうか。

「ボッティチェリ展」公式サイト: http://botticelli.jp/
東京都美術館: http://www.tobikan.jp/

東京国立博物館: http://www.tnm.jp/
国立科学博物館: http://www.kahaku.go.jp/

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

同窓会旅行2015(その2) 多摩美芸術祭へ [旅行]

大学時代の同級生が集まり、高尾の森わくわくビレッジに泊まって、
学生時代の8ミリフィルム上映会で盛り上がったことは前記事

11月3日(祝・火)は、母校の学園祭に行きました。

私は、大学を卒業した翌年に行ったきりなので、30数年ぶりです。
大学も周辺もすっかり変わったよ! とは聞いていましたが‥‥

まず、大学への入口が変わっていました、北側からだったのが、
新しい道ができていて、東側からになっているではありませんか!
2015-11-3s-(63).jpg

え?! どこの大学に来てしまったの?!!ってカンジ。
この立派な建物は「本部棟」とのこと。
2015-11-3s-(62).jpg
芸術祭にこんなに人が来ているのも驚き!
昔はとにかく交通の不便な山の中で、

周辺では羊が飼われていたんですよ!!
sheep.jpg

昔の大学への入口にあったお店「たまや」
カップラーメンのお湯の代金まで取ると文句言われてました。
TAMAYA.jpg

芸術祭も外部の人なんてほとんど来なかったのにー
(授業休みだからと、芸術祭の期間大学に来ない学生も結構いたし)

さらに驚いたのが、入口のところで無料配布していた芸術祭のガイド!!
いくらするのかな?って、財布を取り出しそうになりましたよ。

箔押しの表紙に
geisai-(1).jpg

最初に地図のページ
geisai-(8).jpg

模擬店の案内のページなんて、どこのグルメガイド?ってカンジだし。
geisai-(2).jpg

フリマもやってました。家族連れ、子どもも多くて驚き~!
2015-11-3s-(7).jpg
2015-11-3s-(8).jpg

構内のイチョウも色づいています。
2015-11-3s-(9).jpg

ゴミ分別が徹底されていました。
2015-11-3s-(10).jpg

ゴミ分別のゆるキャラまでいました!!
2015-11-3mi-co-(10).jpg

せっかく来たのだから展示を見ようと、
デザイン棟へ入りました。
geisai-(6).jpg

デザインの制作環境ってのも全く変わりましたね。
今はデジタルで名刺やポストカードなども簡単にプリントできますから、
展示の横に名刺が置いてあったりするんです。
geisai-(3).jpg

自分のイラストやデザインのポストカードやTシャツ作って販売していたり。

私たちが学生の頃と比べたら、完成度はとても高いです。
あの頃は、印刷のような文字が使いたくても、
手描き(レタリング)するか、インスタントレタリング(略してインレタ)って
転写するシールを使うか(これが結構高かったんですよねー。それに
使う文字と使わない文字があって不経済だったし)、奮発して
写植屋さんに発注して、それをペーパーセメントで貼り付けていくか。
文字ツメなんて、ナイフで写植文字を一文字ずつ切って貼っていったなー。
文字の修正なんかも切って貼って‥‥で、セーターの袖に写植文字が
からまっていたり。

デジタルで、美しい作品が簡単にできる分、なんかみんな同じような印象も
持っちゃったんですよね。アニメっぽいイラストも多くて、仲間と、
なんかコミケかクラフトフェアに来たみたいだねーって。
ま、デザイン棟しか見ていないからよけいそう感じたのかもしれませんが。

ザッと見ただけだけど、面白さとは何かとか考察して、例えば、
日の丸弁当のごはんと梅が逆になっていたりする画像を次々に
モニタに映し出していた「ITTI」展とか、
ボーイズ・ラブについて考察していた展示とか、
美大の入試問題をパロっていた「美大・受験『脱洗脳』展」とか
面白かった。今の入試問題のレベルの高さにも驚いたけど。
2015-11-3s-(13).jpg

建物の窓から見えるイチョウがきれい。
2015-11-3s-(14).jpg

コンピュータがずらっと並んだ教室にも驚きましたねー!!
2015-11-3s-(16).jpg

お腹も空いたので、模擬店へ
2015-11-3s-(17).jpg
2015-11-3s-(18).jpg

適当に買って、学食のテーブルで食べました。
アフリカンスープ400円(いろいろ入っていて美味しかった)
水餃子300円(50円引きのチケットもらって買いました)
コーラ200円‥‥だったかな。
2015-11-3s-(23).jpg

この日はやってなかったけど、なんか懐かしい学食のショーケース。
2015-11-3s-(20).jpg

学食に貼ってあったポスター
ハイ、まさに私たちが「あの時代」です。
10月10日(土)とのことで、もう終わったイベントですが。
2015-11-3s-(54).jpg

中央ステージの演奏
2015-11-3s-(26).jpg

そして、私たちが、ここだけは昔の面影が~!!ってはしゃいだのが、
本館(今は「共通教育棟」だそう)の建物と周辺。
2015-11-3sonomi-(3).jpg

もちろん、木々は大きくなっているし、建物の外壁がキレイになっていたり、
何よりエレベータが設置されていたりと、改修はされているんだけど、
2015-11-3s-(31).jpg
geisai-(4).jpg

この階段は昔のままだなー!!って。
2015-11-3s-(34).jpg

そして体育館は私たちの頃からありました。
昨夜の卒業式の8ミリで、本館から出てきて体育館で謝恩会をやった
ところを見たので、ここでも懐かしさに大盛り上がりしました。
2015-11-3s-(45).jpg
2015-11-3s-(46).jpg

学生時代を思い出して、とっても楽しかったです。

でも、学生の変化に一番驚いたのが、多摩美の広報の表紙の写真
geisai-(7).jpg
オリンパスホール八王子で行われた、2015年度の入学式だそう。
仲間と、なんで皆黒いスーツなんだー?!!って。

ま、私は息子の大学の入学式で学生が皆スーツ着てたのを知っているので、
美大でも今はこんなにキッチリしてるんだなって驚きでしたが、
子どもがいない同級生には、ものすごい衝撃だったようです。

私たちの入学式のことって、私は全く覚えてないんですが、
少なくともスーツなんて持ってなかったしー。
多分、本館(共通教育棟)の504教室でやったと思うんですけど。
まぁ、今は学科も増えて、学生数もずいぶん多くなったようですからね。

多摩美術大学のHP: http://www.tamabi.ac.jp/


---追記 2018年4月8日--
いであさんのコメントを受けて、昔の写真探してみました。
1977年の芸術祭の写真がベタ焼き(って死語かな?ってググったら、
今はコンタクトプリントって言うんですか?)にあったので、
スキャンしてみました。
tamabi'77.jpg
戦後のバラックではなく、模擬店ですー
tamabi'77-2.jpg

タグ:昔のこと

同窓会旅行2015(その1) 8ミリ上映会 [旅行]

11月2日(月)~4日(水)、大学時代の同級生に会いに行きました。

例年、山梨の友人宅に集まることが多いのですが、

去年のことはこちら
猫メロ! 山梨同窓会2014 http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2014-12-07

去年の暮に、大学時代に一緒に映像制作をしていた仲間が2人
立て続けに亡くなったんですね。それで、今年は、
その8ミリフィルムの上映と、大学の学園祭(芸祭)に行こう
ということになりまして、大学にも近いこちらの宿泊施設を
予約してくれました。

高尾の森 わくわくビレッジ http://www.wakuwaku-village.com

いつも、企画・幹事、感謝!!です。

私のパートも少し余裕もできて、連休がとれたので、
久しぶりに大阪の友人の車に乗せて行ってもらうことができました。
こちらも感謝!!です。
前回乗せてもらったのは2009年ですか! (このブログを検索してわかりました)

山梨同窓会旅行2009 http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2009-11-10
この時は昨年亡くなった仲間の一人も来てたんですねぇー。

11月2日(月) 8時頃に我が家に迎えに来てもらい、本降りの雨の中、
まず山梨の友人宅へ。8ミリ映写機やスクリーンがわりのパネル等の
荷物でいっぱいの車に友人を乗せて(今回は旦那様は留守番)
高尾の森 わくわくビレッジへ向かいました。

途中、談合坂SAで昼食。
私は担々麺850円 辛いラーメンにごはん付きってのが嬉しい。
2015-11-2-(5).jpg

友人たちは鶏塩ラーメン780円を食べました。
のっている鶏肉を少し食べさせてもらったけど、柔らかくて美味しかった。
2015-11-2-(7).jpg

券売機でチケットを買うと、自動的に厨房に伝わり、出来上がると、
モニターに番号が出るので取りに行くという、
ハイテク(?)システムでありました。

八王子JCTから圏央道へ入り、八王子西ICで降りて約10分。
住宅街の突き当りにありました。

高尾の森 わくわくビレッジ
2015-11-2-(9).jpg

チェックインは3時なので、友人が8ミリ映写機の試写をするために、
小さな研修室を借りてくれていたので、まずそちらへ。
(夜もここを借りられたらよかったんですけど、
翌日にイベントがあるので、準備のために午後5時半までしか
借りられなかったので、上映会は宿泊室でやりました。)

今は生産中止で貴重な8ミリ映写機
2015-11-2-(12).jpg

久しぶりの操作にまごつきます。
2015-11-2-(11).jpg

5時半前に撤収して宿泊室へ。
とても大きな施設で驚きます。学校単位などでの利用もあるみたい。
2015-11-2-(14).jpg

月曜日で、東京の友人たちは仕事の後で駆けつける予定なので、
食事の前に大浴場へ。

それからレストランへ。友人が予約してくれた「わくわく御膳」
2015-11-2-(17).jpg

さらに、ビールやワイン、焼酎、豪華なおつまみまで予約してくれてました!!
2015-11-2-(19).jpg

食事中に、遅くなるという一人を除く東京組が到着。
今回の宿泊者は総勢8人(同級生ではない元会社の同僚も含めて)

食事後に2部屋の宿泊室の1室に集まって8ミリ上映会です。

まずは卒業式のフィルムで盛り上がり

3年次の学園祭に上映した「ALICE」
2015-11-2s-(1).jpg

「不思議の国のアリス」をモトに、4グループに分かれて制作しました。
2015-11-2s-(7).jpg

3面マルチスクリーンで制作したので、
3台の映写機を合わせるのにいつも苦労したなぁー。
2015-11-2s-(9).jpg

2015-11-2s-(10).jpg

上映中の声も入ってます。

私たちは人形アニメにチャレンジしたんだけど、
一晩かかって、アリスを3歩しか歩かせることができなくて、
(私は覚えてないんだけど友人によると)
「しーちゃん泣いちゃったもんね」と。


メイキングの写真がありました。白黒なのは、
自分でフィルム現像・引き伸ばしをしていたからです。
ALICEmaking2.jpg
ALICEmaking3.jpg

2015-11-2s-(15).jpg
2015-11-2s-(17).jpg

こちらは、今回は来ていない友人が卒業制作で作った
8ミリフィルム。「アオイホノオみたい」って声も入ってますが、
まさにそんなカンジ。上映中大盛り上がりです。


ここで、部屋に「うるさくて子どもが眠れないと苦情が来ている」と電話~~
時刻を見たらもう11時過ぎで、一同反省したのでした。

なので、かなり音を絞って、笑い声も控えて上映
こちらは大阪の友人の卒業制作の、3面マルチスクリーン8ミリフィルム

友人たちの演技もなかなかです。

8ミリフィルムはまだまだあったけど、夜も遅いので。

翌日の朝食は広いレストランでバイキング
2015-11-3-(1).jpg
2015-11-3-(3).jpg

私たちが泊まった6名用の和室(4名で宿泊)
布団の上げ下ろしは自分たちでやります。
2015-11-3-(7).jpg

11月3日(祝・火)は、この施設のフェスティバルが行われるそうで、
私たちがチェックアウトする10時頃には、家族連れが続々到着しつつ
ありました。(なので逆に宿泊者は少なかったそうで、普段なら
宿泊の予約がなかなかとれない人気の施設だとか)

さて、いよいよ母校へ向かいます。
私は大学を卒業した次の年に行ったきりなので、30数年ぶり~~
そのことは次の記事で。

まるで私たちの青春時代のようなドラマ
「アオイホノオ」


島本和彦の自伝的マンガが原作です。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

池田温泉新館ふくしの湯 [旅行]

今年の秋はカレンダーの並びが良くて、人によっては5連休となりましたね。
(次に5連休となるのは次は11年後ですって?)
「シルバーウィーク」って名称も定着したのかな?

そして、今年のシルバーウィークは、9月には珍しく(?)
ずっと天気も良くて、行楽日和が続きました。
観光地や高速道路の渋滞のニュースも伝わってきましたが、
皆様いかがお過ごしでしたか?

私のパートはかえって定休日の日曜が出勤になったりしましたが、
交替で、22日(火・国民の休日)が休みになりました。

そこで、母と池田温泉に行ってきました。

腰部脊柱管狭窄症で手術したのですが、あまり経過が良くなくて、
かえって足の麻痺がひどくなり、車椅子生活になってしまった母。

週3日のデイケアでお風呂に入れてもらっているんですが、
デイケアが休みになるお正月に、母と
海津温泉の「ふくしの湯」に行ったことはこちらの記事に
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2015-01-05

その後、3月の春分の日にも海津温泉に行って来ました。

今回のシルバーウィークもデイケアが休みになるので、
22日の予約をしようと、海津温泉の電話番号を調べるつもりで、
ネットで「ふくしの湯」で検索したんです。

そうしたら一番上に池田温泉が出てきました。
池田温泉には、本館しかなかった頃から2、3回行ったことがあります。
なになに? 池田温泉にもふくしの湯があるの?と。

池田温泉新館ふくしの湯
http://ikedaonsen.jp/hukushinoyu/

池田温泉のウェブサイトを見て、今回はこちらへ行ってみようかなと、
電話で13:30~の回を予約しました。

我が家からは海津温泉も池田温泉も同じくらいの、
車で1時間程で行くことができます。

途中の川の土手には彼岸花がたくさん咲いていました。

ちょっと早めの11時頃に出発して12時頃に到着。
池田温泉新館の前には、ふくしの湯利用者専用の駐車スペースがあって
ありがたいですが、受付に言ってチェーンを外してもらわなくてはならず、
混雑している中、スタッフの方に来てもらうのは恐縮してしまいます。
(一般の方の駐車場は下にあって、皆さん坂を上って新館入口にいらっしゃいます)

受付前のロビーも狭いカンジで、人でごったがえしていました。
まず食事をしようと、2階の食堂へ。
こちらも12時過ぎとあって、わりと広い座敷とテーブル席の部屋が
ありましたが、席を待つ人が並んでいて、
チーフらしい方が声をからして大勢のスタッフに指図していました。

テーブル席に案内されて(慣れたカンジで車椅子を押してくださいました)
母は、「刺身定食」1,520円を、
私は、一番人気だという「美濃ヘルシーポーク とんてき定食」1,350円を注文。
2015-9-22-(1).jpg
ニンニクがゴロゴロ! 見た目ほど辛くなく、豚肉も柔らかかった。
混雑しているので覚悟していましたが、注文から出てくるまでわりと早かったです。

惣菜などを自分でとってくるコーナーやドリンクバーもあるんですね。

食事を終えて、ロビーに行くも、人でいっぱいです。
トイレに行くにも、車椅子で通るのに、いちいち声をかけて
人にどいてもらわないと行けませんでした。

受付でふくしの湯の書類を書いて、券売機で入浴料大人500円×2人分を買い、
時間になって案内してもらいました。
ふくしの湯の中は、脱衣場も浴場も広いです。

脱衣場にトイレがあるのもいいですね。
さっき、人をかきわけてトイレに行かなくてもよかったな。
2015-9-22-(5).jpg

浴室には車椅子に座ったまま入浴できる電動リフトもあるので、
かなり体の不自由な方の入浴もできますね。
母は手すりがあればゆっくり伝って入れるので使いませんでしたが。
2015-9-22-(2).jpg

洗い場は1人分しかないので、交替で使わないといけません。
2015-9-22-(4).jpg
お湯は無色透明で、一見フツーのお湯のように見えるんですが、
入ると、肌がつるつるしたカンジで、明らかに普通の湯とは違うのがわかります。

この、肌のしっとり・つるつる感は翌日くらいまで感じることができました。
この泉質が人気なんでしょうね。
連休だからよけい混雑したんでしょうが、
ネットの口コミを見ても、混んでいたってのが多いですね。
そういや私も、昔来た時、日曜だからかすごく混んでたことを思い出しました。

母のおかげ(?)で、広い「ふくしの湯」にゆったりつかることができて、
これは役得だったかも!

お風呂からあがっても、ロビーは混雑していて、
ゆっくり休めるような場所もなさそうなので、
ふくしの湯を出たことをスタッフの方に告げて、
駐車場のチェーンをはずしてもらって、車を出しました。

お土産も買いたかったので、すぐ近くの道の駅「池田温泉」へ。
こちらも混んでいて、広い駐車場もほぼ満車。
なんとか駐車スペース(一般の場所でしたが一番端だったので
車椅子の乗り降りができてラッキー)を見つけることができました。

シルバーウィーク中のイベントとして、
吉本新喜劇のホンモノのセットが展示されていました。
写真撮影もできるとのことでしたが、ビニールがかけられていて、
あまりうまく写りそうになかったし、人もいっぱいだったので‥‥。
若手芸人の公演もあるとのことでした。

ここの道の駅は、JAの野菜直売所の他、バウムクーヘンのお店とか、
小さなお店がそれぞれにあるってカンジですね。
ナゼか、蟹や海産物の特売とかやってて、
うーん池田温泉に来てこれは‥‥?って。

とりあえず、喉が渇いていたので(いつもお風呂あがりには自販機などの
ドリンクでのんびりするんですけど、今回できなかったので)
揖斐茶を売っている店でアイスグリーンティを飲みました。

他の道の駅なんかでは、箱に入ったお土産みたいなのが積んであるのを
見るんですが、ここはあまり目につかず、やっとあったと思ったら、
「岐阜枝豆チョコサンドクッキー」とか「長良川○○」「鵜飼○○」
うーん、これらはウチの近くのスーパーでも売ってるしなーと。

まぁこれでも仕方ないかーと半分あきらめていたら見つけました。
「いげたやの肉桂餅(にっきもち)」
2015-9-22-(8).jpg
揖斐郡池田町の古くからの和菓子舗のお餅だそう。
6個入りで700円でした。
2015-9-22-(10).jpg
母の家族へのお土産用と、ウチにも買ってもらいました。
肉桂(シナモン)の味がして美味しかったです。

肉桂餅本舗いげたやのHP: http://www.igetaya.jp/

一般の入浴料と同じ500円で、これだけの施設が利用できるのは嬉しいですね。
もう少し、ロビーとかゆったりできるといいんだけど‥‥。
池田温泉のウェブサイト: http://ikedaonsen.jp/
池田温泉新館ふくしの湯: http://ikedaonsen.jp/hukushinoyu/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

飛騨古川の起し太鼓を見に行きました(3) 高山泊と市内散策 [旅行]

4月19日(日)ダンナと飛騨古川の起し太鼓を見に行ったことの続きです。

宿泊は、割引券が手に入るので、ルートイングルーブのホテル
ルートイングランティア飛騨高山へ。

禁煙ツインの部屋を予約したのですが、
「こちらの都合で」と、和洋室の部屋に通されました。
2015-4-20-(2).jpg

わー広い!! ラッキー!
ソファはエキストラベッドになるし、
畳のコーナーに布団を敷けば、もっと大勢でも泊まることができる部屋ですね!
2015-4-20-(5).jpg

ルートインの“ウリ”は大浴場と朝食バイキング

大浴場、結構広くて良かったです。
そして朝食バイキング。いろんな料理が並んでいます。
2015-4-20i-(6).jpg

ご飯に胡麻がゆにパン、ジュースに牛乳にコーヒーと揃っています。
飛騨らしい朴葉みそや煮たくもじ(煮た漬物)もありました。
2015-4-20i-(7).jpg

朝からしっかりいただきますー。
2015-4-20i-(3).jpg

ロビー 無料のウェルカムコーヒー(ドトール)があります。2015-4-20-(8).jpg

お土産コーナーもありました。
2015-4-20-(9).jpg

ホテル全景
2015-4-20-(11).jpg

ホテルの近くに咲いていた桜。山桜かな?
2015-4-20-(14).jpg

20日(月)は、できたらゆっくりしたかったんですが、
夕方からのパートが休めなくて‥‥
高山12:33発の特急に乗らなくてはならなかったんです。

それまでどうしようか?
ルートイングランティア飛騨高山は高山市内からはちょっと離れたところに
あるんですね。「まつりの森」という、高山の屋台を再現して、
からくり人形の上演も行っているという観光施設が近くにあるんですが、
そこへ行くと、高山までのバスもちょうどいい時間にないし、
ルートイングランティア飛騨高山から高山駅への無料シャトルバスが、
朝は10:30が最終だったので、それで高山駅まで出ることにしました。

列車の時間まではまだ2時間近くあったので、市内を散策してくることに。

おぉ、レトロな看板。ミツワ石鹸かー(ワ、ワ、ワー、輪が三つ)
2015-4-20-(20).jpg

「加藤医院前」ってバス停
2015-4-20-(26).jpg

その「加藤医院」!!
2015-4-20-(27).jpg

昭和レトロな建物 精肉店「天狗総本店」
2015-4-20-(29).jpg

筏橋 奥に見える赤い橋が中橋
2015-4-20-(31).jpg

人力車も走っていますね。
2015-4-20-(33).jpg

宮川沿いの桜。七分咲きくらいかな。
2015-4-20-(36).jpg

宮川をバックに桜
2015-4-20-(38).jpg

枝にヒヨドリが
2015-4-20-(39).jpg
2015-4-20-(40).jpg

赤い中橋と桜
2015-4-20-(42).jpg

観光客でいっぱいです!
雨の月曜日なのに?! 中国語や外国語が飛び交っています。
2015-4-20-(43).jpg

高山陣屋前の朝市
2015-4-20-(46).jpg

高山陣屋 記念撮影をする人がたくさんいます。
私もダンナも陣屋は見てるので今回は入りませんでした。
2015-4-20-(47).jpg

陣屋前広場に立つ山岡鉄舟の像
「青雲」若き日の山岡鉄舟 三坂耿一郎 1987年制作
2015-4-20-(50).jpg
幕末・明治初期の剣客・政治家山岡鉄舟は、飛騨21代郡代小野朝右衛門高福の子で父の赴任にともない少年時代を高山で過ごした。大志を抱く鉄舟がゆかりの地に凛々しく立つ。
(「岐阜県・パブリック・アート・ガイドブック」より)

おぉー!!レトロな銭湯発見! まだ営業しているようですね!!
2015-4-20-(53).jpg

古い町並みが残る上三之町の通りへ入ると、この人出!!
この雨なのに?月曜なのに?!!
2015-4-20-(56).jpg
2015-4-20-(57).jpg
2015-4-20-(59).jpg
2015-4-20-(60).jpg
2015-4-20-(61).jpg
2015-4-20-(64).jpg

この水車で動くからくり人形面白かった。
2015-4-20-(65).jpg
人形が箱を上げるたびに、中の品物が変わります!
2015-4-20-(68).jpg
2015-4-20-(69).jpg

おぉ!なんともレトロなせんべい屋さん!
2015-4-20-(70).jpg

高山名物みだらし団子を食べて、駅へ戻りました。
1時間ちょっとの散策にしては、ずいぶん写真撮ってる?

高山駅は今、改装工事中。
観光都市の玄関としてふさわしい自由通路・高山駅
平成28年(2016年)秋の完成を目指していますと。
2015-4-20-(74).jpg

12:33発ワイドビューひだ10号
2015-4-20-(77).jpg

ワイドビューひだ車内
2015-4-20-(76).jpg

車いすのお客様優先席がありました。
2015-4-20-(75).jpg

洗面所
2015-4-20-(78).jpg

車窓から見た臥龍桜 見頃なのに、雨のためか観光客がほとんどいません。
2015-4-20-(80).jpg

高山駅で買った駅弁をいただきました(車内販売はありません)
2015-4-20-(81).jpg

雨は本降り。今年の4月は雨が多いですね。
14・15日の高山祭も2日間とも雨でしたが、
19・20日の古川祭も2日間とも雨~
(でも、新聞に「雨で高山祭の人出激減」ってあった割には、
 あの観光客の多さは?ってカンジなんですけど。)
2015-4-20-(87).jpg

車窓より飛水峡
2015-4-20-(88).jpg

ルートイングループのHP: http://www.route-inn.co.jp/
ルートイングランティア飛騨高山: http://www.hotel-grantia.co.jp/hidatakayama/
まつりの森: http://www.togeihida.co.jp/

ルートイングランティア飛騨高山の部屋に出されていたお菓子「干し梅」
美味しかったので、飛騨とは全く関係ないけど(中国産とか)
お土産に買ってきてしまいました。あげた先でも好評です。
楽天市場にもありました。


楽天トラベル


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

飛騨古川の起し太鼓を見に行きました(2) [旅行]

4月19日(日)ダンナと飛騨古川の起し太鼓を見に行ったことの続きです。

起し太鼓が出発するまつり広場(気多若宮神社御旅所)
「飛騨古川まつり会館」も隣に建っています。
午後5時頃に撮影
2015-4-19-(75).jpg
太鼓を乗せた櫓(やぐら)が置かれています。
起し太鼓は雨でもやります!が、
この日は、起し太鼓の間だけは雨が止んでよかったです。

まだ時間があるので、飛騨コロッケ食べて、
喫茶店で休んで、屋台の肉巻き棒食べたりして‥‥

7時頃にまつり広場へ行くと、さらし姿の男たちが集まってきていました。
寒いので火も焚かれています。ふるまい酒も回っています。
2015-4-19-(85).jpg
2015-4-19-(87).jpg

「付け太鼓」を持った若者たちも集まってきました。
2015-4-19-(90).jpg

付け太鼓の棒の上で軽業を披露し合う若者たち。
2015-4-19-(93).jpg
2015-4-19-(98).jpg

8時から出立祭(しゅったつさい)が行われます。
以前は9時からだったのが、観光客への配慮等で1時間早くなったそう。
2015-4-19-(99).jpg

櫓に男たちが上がり、出発の準備ができていきます。
2015-4-19-(108).jpg

神事や、役員・来賓の紹介等は私には退屈でした(寒いし!)が、
(県知事やFC岐阜の監督・ラモスも来ていました)
最後に男たちが歌(?)を斉唱して、大太鼓に跨った男性が
ゆっくりと太鼓のばちを振り下ろす「打ち出し」は
大観衆が一瞬静まり返り、厳粛な雰囲気になってよかったです。
2015-4-19-(110).jpg

太鼓のばちは、白くて少し曲がった独特の形をしています。
太鼓打ちが柳の木で自ら作ったものだそう。

起し太鼓が動き出すと、付け太鼓の若者たちも町内へ戻っていきました。

町内を進む起し太鼓
2015-4-19-(143).jpg

起し太鼓の先頭には高張提灯や旗が
2015-4-19-(149).jpg

そしてたくさんの紅白の丸子提灯の行列が続きます。
2015-4-19-(150).jpg

起し太鼓が通ります
2015-4-19-(154).jpg

横では「付け太鼓」が待ち構えています
2015-4-19-(157).jpg

「付け太鼓」を櫓の直後に付けることが最大の名誉であり、町内に12ある各組が知恵をしぼり、 力を合わせ我先につけようと他組と激しく争う。起し太鼓には、櫓を守る「後衛」と呼ばれる 屈強な男たちがおり、「付け太鼓」を阻止しようとする。「付け太鼓」と「付け太鼓」、 「付け太鼓」と「後衛」の三つ巴の攻防戦が繰り広げられる。(起し太鼓のリーフより)

辻辻でこうした攻防戦が繰り広げられるそう。
2015-4-19-(160).jpg

11時頃まで見て、飛騨路フリーきっぷについているタクシー券を使って、
ホテルへ。ホテルは割引券のある「ルートイングランティア飛騨高山」

昔、ダンナが見てきた時には、飛騨古川の宿泊施設は少なく、
当然ながらどこも満室で、高山に宿をとると、列車もなくなって困ったそうだけど、
今はお祭りの臨時列車が、22:00、22:30、23:00、23:30に出るようですね。

タクシーに乗ろうと駅まで行くと、ちょうど列車が出るところだったので、
一瞬迷ったけど、まぁ6,000円分は使わなくても返金されないしと、タクシーで。

ホテルまで、深夜割増だったので、6,000円では足りなかったけど、
運転手さん、6,000円で切ってくれました。

話好きの方のようで、今の起し太鼓はおとなしくなってつまらんと。
自分が参加していた頃はそれこそ暴れまくったと。
50になって、奥さんが泣いて止めたのでやめたとか。
「古川やんちゃ」という古川人の気質を見たような気がしました。

飛騨古川まつり会館: http://www.okosidaiko.com/
岐阜ポートフォリオ(岐阜県商工労働部観光企画課)の
古川祭(起し太鼓)のページ:
http://www.kankou-gifu.jp/kr/portfolio/trend/388/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

飛騨古川の起し太鼓を見に行きました(1) 飛騨のとらふぐと青龍台カラクリ [旅行]

2015年4月19日(日)、ダンナと飛騨古川の「起し太鼓」を見に行きました。
お祭り好きのダンナに、今年は19日が日曜日になるからと誘われたんです。
(高山祭も古川祭も、いまだに土日でやってないんですよねー)

ダンナは何度か見てきたことがあって、とてもいいからと。
私は飛騨古川は行ったことがあって「飛騨古川まつり会館」で
起し太鼓の映像は見て、勇壮な祭りだということは知っていましたが、
お祭りは混雑するのであまり好きじゃないんです。
でも、まぁせっかくのダンナの提案だしと、行くことにしました。

ダンナがコレお得だからと買ってきたのが、
飛騨路フリーきっぷ
http://railway.jr-central.co.jp/tickets/hida/

6,000円分のタクシー乗車引換券が付いて、岐阜駅出発で2人用18,160円

岐阜~飛騨古川は片道乗車券3,020円+指定席特急券2,680円で5,700円
2人で飛騨古川まで往復するだけでも22,800円かかるのですから、
とてもおトクですよね。(但し、使用できない期間があったり、
色々注意事項もありますので確認してください。)

岐阜駅10:10発のワイドビューひだ5号で飛騨古川へ。
高山線は飛騨川に沿って走ります。あいにくの雨。
2015-4-19-(5).jpg

下呂駅 ソメイヨシノは咲き終わって、八重桜が咲き始めています。
2015-4-19-(6).jpg

さらに進んでいくと、飛騨一ノ宮の臥龍桜はまだ7分咲きくらいでした。
高山で列車を一部切り離し、さらに15分。終点の飛騨古川に12:33着

飛騨古川の駅前 やっぱり雨~で寒い。
2015-4-19-(16).jpg

まずは、ダンナお勧めの、飛騨古川のグルメ「飛騨とらふぐ」
こんな山の中でとらふぐ?
近年、飛騨の山の中でとらふぐの養殖に成功して、
飛騨市内のいくつかのお店と宿泊施設で食べられるそう。

そのうちの一軒「とと家」
外見も店内も街の大衆食堂って雰囲気なんですが、
飛騨のとらふぐを気軽に食べるならここだと。
2015-4-19-(12).jpg

この日はお祭りメニューで、
ふぐまぶし御膳が1,800円、
てっさ(ふぐの刺身)付の御膳が2,300円でした。

ダンナは当然てっさ付、私は、ま、ランチにそこまではいいかなと。
2015-4-19-(11).jpg

でも少してっさ食べさせてもらったら、
コリコリした食感が美味しものですね!
(だいたい私ふぐの刺身なんて1回くらいしか食べたことがないけど)

お祭り時じゃなかったら、もっとお値打ちに食べられるみたいだし、
てっさ付がお勧めですよー。

ふぐまぶし御膳も、ふぐの身の弾力のある歯ごたえが美味しい。
炊き込みご飯、最初はフツーに食べ、それからふぐの骨からとった出汁をかけて、
お茶漬けで食べるという、2通りの楽しみ方ができます。


関連ランキング:ふぐ | 飛騨古川駅



お祭りのちょうちんが並んでいるのに、しっかり雨‥‥
2015-4-19-(33).jpg

雨で屋台も蔵から出ることができません。
青龍台(殿町組)
2015-4-19-(20).jpg

蔵で見学させてもらうことができました。説明板によると、
「樹齢千年を経た欅材で白彫りの獅子牡丹は、名工 岡部光真の作」
2015-4-19-(22).jpg

御所車のような豪華な車輪!
2015-4-19-(23).jpg

「見送りは堂本印象の昇天龍」‥‥えっ!?堂本印象?そりゃー雨では出せんわ!
2015-4-19-(24).jpg

「福禄寿と童子の操人形(カラクリ)がある。」
2015-4-19-(27).jpg

15時から、この日最終回のからくり奉納があるとのことで待ちました。
2015-4-19-(29).jpg

子供たちが屋台の上で笛を吹いています
(からくり奉納時は屋台下で吹いていました。)
2015-4-19-(32).jpg

雨の中、獅子舞が回ってきました。
2015-4-19-(35).jpg

いよいよからくり奉納です。あいにく雨が本降り~~
2015-4-19-(42).jpg

童子がはしごを上って福禄寿の上で紙ふぶきを散らします。
2015-4-19-(45).jpg

福禄寿の持つ亀が鶴に変わります!
2015-4-19-(51).jpg

福禄寿が回って帰っていきます。
2015-4-19-(52).jpg

案内の方によると、今日は雨でカラクリの操作も難しいが、
今日3回奉納したうちでは今回が一番上出来だったそう。

おぉ!なんてレトロなポスター!!
私こういうの大好きです!!いいですねぇ!
2015-4-19-(53).jpg
去年秋に、レトロなポスターの展覧会と講演会に行ったことは
こちらの記事に:中山道広重美術館「日本のポスター芸術」展と講演会
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2014-11-15

三伊呉服店
2015-4-19-(54).jpg

赤い今宮橋
2015-4-19-(55).jpg

今宮橋から見る真宗寺
2015-4-19-(56).jpg

対岸のしだれ桜越しに真宗寺を撮りました。
2015-4-19-(59).jpg

真宗寺の脇の桜はまだ七分咲きくらい。
2015-4-19-(62).jpg
2015-4-19-(67).jpg

真宗寺 境内には雪かきで積み上げられた雪がまだ残ってました!
2015-4-19-(63).jpg

さくら物産館でちょっと休憩 ストーブが嬉しい!
オーブントースターで焼いて食べるというアイス最中をいただきました。
1個310円(焼くと外の皮がパリッとしておいしい)
2015-4-19-(69).jpg

「きつね火まつりの詩」の像
毎年9月第4土曜日にはきつねのメイクをした花婿花嫁の行列が
古川の町を厳かに通る「きつね火まつり」が行われるそう。
2015-4-19-(71).jpg

渡辺酒造前にある「酒造り 杜氏二人像」中垣克久1989年制作
2015-4-19-(72).jpg

観光パンフなどによく使われているコイの泳ぐ瀬戸川と白壁土蔵
2015-4-19-(73).jpg

長くなったので、とりあえずここまでアップします。
まだ起し太鼓のことは何も書けてませんね。続きますー。

飛騨市公式観光サイト「飛騨の旅」: http://www.hida-kankou.jp/
古川祭・起し太鼓のページ: http://www.hida-kankou.jp/event/1313/
飛騨古川きつね火まつりのページ: http://www.hida-kankou.jp/event/1339/
飛騨のとらふぐのページ: http://www.hida-kankou.jp/gourmet/37/article/preview.html

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ(その2 アジア、アマゾンの魚たち) [旅行]

2月15日(日)、社員旅行の帰りに岐阜まで来てくれた友人と、
各務原市の河川環境楽園内(川島PA)にある
世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」へ行き、
4階から3階で、長良川の源流から上流、中流、河口へと
それぞれに生息する魚たちを見てきたことは前記事で。

さて、2階へと降りるスロープを下っていくと‥‥
途中に置かれた魚の木彫も楽しい。
2015-2-15-(97).jpg

背中のギザギザを棒でこすると「ゲコゲコ」と
2015-2-15-(98).jpg

2015-2-15-(99).jpg

メコン川の川岸にある「淡水魚博士の探検小屋」という設定
段ボール箱や、棚に並べられた小物などもなかなか凝ってます。
2015-2-15-(102).jpg

北海道にもすんでいるという「イトウ」
2015-2-15-(103).jpg

黒いラインがスマート「ラスボラ・スマトラナ」
2015-2-15-(108).jpg

トイレ前に置かれたこのカエル、時々しゃべるのが面白い
2015-2-15-(106).jpg

うわー、巨大金魚!!「パーカーホー」というコイ科の魚だそう
2015-2-15-(112).jpg
2015-2-15-(109).jpg

これがここの“目玉”のひとつ「メコンオオナマズ」
2015-2-15-(110).jpg

巨大な魚が泳ぐ水槽は人気スポットでした。
2015-2-15-(116).jpg

赤い尾やヒレがきれい「レッドフィンバ-ブ」
2015-2-15-(115).jpg

「オスフロネムス」でかい!そして顔が‥‥コワイというより味がある?
2015-2-15-(123).jpg
水草で鳥のように巣を作ります。食用として東南アジアでは広く養殖され、人にもよく慣れます。
(アクア・トトぎふのHPより)

鮮やかなブルーの長い手が印象的な「オニテナガエビ」
2015-2-15-(121).jpg

コンゴ川の魚たち

「ナイルパーチ」
2015-2-15-(139).jpg

愛嬌のある顔~ これって「デンキナマズ」?
2015-2-15-(140).jpg
2015-2-15-(142).jpg

こっちの水槽にも「デンキナマズ」ってあったような気がするけど‥‥
2015-2-15-(144).jpg
(スミマセン、私、魚の種類とか全くわからないんです
 この記事の魚の名前、アクア・トトの公式HPや、
きょうのアクアトトhttp://aquatottotoday.hatenablog.com/
淡水魚水族館アクアトト岐阜ふぁんhttp://www.totofan.net/
 など、アクアトトのファンサイト(?)の記事を参考にさせていただきました)

アフリカ大陸に東にあるタンガニーカ湖の魚たち
熱帯魚のようにカラフルな魚たちが泳ぎます
2015-2-15-(145).jpg

ジャングルのように(造花)飾られたスロープを下って1階へ。
2015-2-15-(148).jpg

アマゾン川の魚たち

骨がゴツゴツしてる「オキシドラス」
2015-2-15-(150).jpg

この巨大な魚は「コロソマ」とても美味しい魚だとか。
2015-2-15-(153).jpg
2015-2-15-(154).jpg

これが悪名高い?「ピラニア・ナッテリー」
金粉をまぶしたようにキラキラと輝いてきれい
2015-2-15-(157).jpg
2015-2-15-(159).jpg

「デンキウナギ」が出す電気で水槽の上に取り付けられた
ライトが点灯するようになっていて、動くとたくさん電気がつきました。
2015-2-15-(160).jpg

シルバーアロワナやピラルクーが迫力だったのですが、
うまく写ってなくて‥‥
これは木彫のピラルクー
実際に成長すると、これくらいになると!!
2015-2-15-(161).jpg

そして企画展示「赤い清流」の第二弾
「アマゾンのシンボル カラシン展」

アマゾン川に住む様々なカラシンが展示されていて、その一つ
「レッドフィンスポットレポリヌス」
目玉のような模様が面白いー
2015-2-15-(163).jpg


お土産コーナーも楽しかった。
ガチャガチャが並んでいて、なかなかマニアック!
「日本の清流」をやってみたら、「カジカ」が出ました。
kajika2.jpg
kajika.jpg

カピバラやカワウソ、メコンオオナマズをキャラクターにした
ぬいぐるみやお菓子なども充実してて、ここでも楽しめました。

10周年特別企画「神秘の大河 グレイトアマゾン」入口前の看板
2015-2-15-(174).jpg

アクア・トトぎふ: http://aquatotto.com/

記事中でも紹介しましたが、アクア・トトぎふのファンサイト
きょうのアクアトト: http://aquatottotoday.hatenablog.com/
淡水魚水族館アクアトト岐阜ふぁん: http://www.totofan.net/
うん、年間パスポート(大人3,000円)で通うファンがいるのわかりますね。
魚の名前調べたりしてて、記事書くのに時間かかっちゃいましたが、
なんかまたここ行きたくなっちゃいました。

【楽天市場】
ガチャガチャ 日本の清流






売り切れのようですが‥‥


カピバラさんのぬいぐるみ


もふっと等身大カピバラさん&仔カピ

もふっと等身大カピバラさん&仔カピ
価格:13,824円(税込、送料込)




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ(その1 長良川の魚たち) [旅行]

2月15日(日)、社員旅行の帰りに岐阜まで来てくれた友人と、
岐阜のモーニングと岐阜大仏に行った後、
各務原市の河川環境楽園内にある世界淡水魚園水族館
「アクア・トトぎふ」へ行きました。
2015-2-15-(172).jpg
(帰る時に撮影したので、人がいませんが)

ここ、平成の大合併で各務原市に編入された旧川島町で、
東海北陸自動車道の川島PAでもあり、高速道路からも
入ることができます。もちろん一般道からも入れます。

河川環境楽園(オアシスパーク)は、キムチまつりとかの
イベントなどに何度か来たことがあるんですが、
水族館は入館料がかかることもあって入ったことなかったんです。

それに、あまりに身近なこともあってちょっとバカにしてたんですよね。
こんなところに水族館?淡水魚だけなの?なんか地味ーって。

なので、社員旅行で鳥羽水族館にも行って来た友人には
どうなのかな?と思いながら聞くと、行きたいってことで。

ホテルに置いてあったチラシについていた割引券で、
大人1,500円の入館料が1,350円になりました。
(割引券を切り取ったあとのチラシ)
aquatotto2.jpg

入ってすぐの中庭にある小屋の前に人だかりがしていたのでのぞくと、
うわっ!大きなカメ(ガラス越しなのでうまく写ってませんが)
2015-2-15-(35).jpg

世界最大級のカメの仲間といわれるアルダブゾウガメとのこと。
今は寒いので小屋の中にいるのだそう。

別の中庭にはカピバラ
2015-2-15-(36).jpg
え~!私こんなに大きいとは思ってなかったな!!
最近、ゆるキャラとして人気じゃないですか。
世界最大級のネズミの仲間だと。
せいぜい猫くらいかと思ってたら、豚くらいあってビックリ!
14時からエサやり体験ができるって聞いて、わ、やりたいって
思ったけど、30名限定で、整理券配布に並ばなくてはいけないので、
子どもたちも多いし、他を見る時間がなくなるのであきらめて、
エレベータに乗って4階へ。

4階は、長良川の源流という設定。ガラスから降り注ぐ光の中、
森の中に来たような雰囲気です。滝もあります。

うん、このカンジ、ちょっと海遊館にも似てるかな。
(スケールはずっと小さいけど)
一昨年、海遊館に行ったことはこちらの記事に:
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2013-06-17

森の入口のとこで、カピバラのキャラがついたハートを持たされて、
半ば強制的に記念撮影されたんですよね。ふん、今は気軽に写真撮れるし、
そんな商業主義の手にのらないゾって思ってたんですけどねー。
写真見せられたら、迷ったけど、やっぱり買っちゃいましたー。
1,050円でした。
aquatotto.jpg

おお、この顔がコワもてっぽい魚がサツキマスかな?
2015-2-15-(37).jpg

滝壺の下の大きな水槽で悠然と泳ぐ魚たち
2015-2-15-(43).jpg

国の特別天然記念物 オオサンショウウオ
2015-2-15-(44).jpg

世界最大の両生類です
2015-2-15-(45).jpg
2015-2-15-(47).jpg
2015-2-15-(49).jpg

オオサンショウウオって思い浮かべるのが、
(もちろん井伏鱒二『山椒魚』は別格で名作でありますが)
岡崎二郎のマンガ『ファミリーペットSUNちゃん!』

ファミリーペットSUNちゃん! 1 (1) (ビッグコミックス)

ファミリーペットSUNちゃん! 1 (1) (ビッグコミックス)

  • 作者: 岡崎 二郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: コミック



ファミリーペットSUNちゃん! 2 (2)  ビッグコミックス

ファミリーペットSUNちゃん! 2 (2) ビッグコミックス

  • 作者: 岡崎 二郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/04/27
  • メディア: コミック


ペットとして居ついてしまったオオサンショウウオの
サンちゃんの周囲で起きるドタバタ。

サンちゃんはマンガのキャラクターっぽくデフォルメされて、
酒を飲み、タバコを吸って、オヤジっぽい口をきくけど、
自然や科学を描くのが得意な作者らしいウンチクとかもたくさん出てきます。

で、岡崎二郎『ネコ2(ネコネコ)』に出てきたのが、
「銀ネズミ」とも呼ばれるこの「カワネズミ」
2015-2-15-(53).jpg

母猫の病気を治そうと、猫たちが協力して伝説の銀ネズミを
捕まえる話でした。(『ネコ2』2巻第7章「幻の銀ネズミ」)

Neko2 2 (ビッグコミックス)

Neko2 2 (ビッグコミックス)

  • 作者: 岡崎 二郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: コミック



カワネズミが水中でエサを捕獲する様子が見られます。
http://youtu.be/YfK5BMWDuv8

長良川といえば「アユ」ですよね。
2015-2-15-(56).jpg

イベント展示で、美濃和紙あかりアート作品が展示されていました。
美濃和紙で作られた羊のあかり。素敵です。
2015-2-15-(60).jpg

他にも工夫を凝らしたあかりが展示されていました。
2015-2-15-(62).jpg
2015-2-15-(63).jpg
2015-2-15-(65).jpg

長良川の中流に位置する美濃市のうだつの上がる町並みで行われる
美濃和紙あかりアート展」2012年に見に行ったことはこちらの記事に:
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2012-10-26

長良川中流から下流の魚

身近なコイもこうやって見ると美しいなと。
2015-2-15-(73).jpg

コイよりちょっとスマート‥‥ニゴイ?
2015-2-15-(75).jpg

ウナギの寝床~
2015-2-15-(84).jpg

カルガモもいました
2015-2-15-(90).jpg

カルガモを水面下から見ると
2015-2-15-(91).jpg

縞々の魚が等間隔で並んでいるのが面白いなと
2015-2-15-(96).jpg

ここまで、アクア・トトの前半、長良川の上流から河口までの展示で、
この後、アジアやアフリカの河川、アマゾン川の魚の展示になるんですが、
そのことは次の記事で書きますー。
いやー、今までバカにしててスミマセンでした。結構見ごたえあったし楽しかった。
魚たちが悠然と泳ぐ姿っていいですね。

アクア・トトぎふ: http://aquatotto.com/

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行