So-net無料ブログ作成

佐川美術館 平山郁夫・佐藤忠良・樂吉左衛門館 [美術]

前記事で佐川美術館の企画展「セガンティーニ」展のことを書きました。
http://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2011-08-19

企画展を見終わって、奥の棟へ
中庭
2011.8.15-012.jpg

奥の棟は佐藤忠良館ということなんですが、セガンティーニ展会期中は、こちらの
特別展示室の方に平山郁夫の作品が展示されていました。

テーマは「文明の十字路 シルクロードを巡る」
平山郁夫が日本画家の最高峰であったのは確かでしょう。

2009年12月、NHK日曜美術館の追悼番組(初回放送:2007年9月30日)で、
檀ふみさんと黒沢アナウンサーが平山画伯のアトリエを訪ねていましたが、
膨大なシルクロードでのスケッチ帳に驚嘆しました。
「シルクロードへの旅は130回を超え、その間に2万点にものぼるスケッチが描かれた。」
NHK日曜美術館のサイトより http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2009/1213-1/index.html

また、2011年2月6日放送の
「文化遺産はいかに守られたか ~平山郁夫とシルクロードの文化財保護~」では、
平山郁夫の度重なる世界への訴えにもかかわらず破壊されてしまったバーミヤンの大仏、
ユネスコ会議で修復再建に反対して、文化破壊の負の遺産として現状での保存を訴える
平山画伯の姿が印象的でした。
また、アフガニスタン内戦によって流出した数々のアフガンの文化財、美術品を
日本で保護、修復する救出事業も行い、それらの文化財は、内戦が収まり受入施設が整えば
アフガニスタンに返還されるとのことで、現在は
「流出文化財保護日本委員会保管」(所蔵ではなく保管)となっていると。
偉大な人だったと、温厚そうな写真を見ながら思いました。

展示作品は、シルクロードを描いた素描風の水彩作品がたくさん並んでいました。
墨の細い線と淡い色の水彩のにじみがいいですねー。
記念にポストカードを一枚。
HirayamaIkuo.jpg

現地での膨大なスケッチは色鉛筆で描かれていたような‥‥これらの絵は
アトリエでスケッチを元に描かれたものかしら?
この墨の線はもしかして筆?(だとしたら細くてスゴイ)それともペン?
サインや説明の文字から、平山画伯の温厚で真面目な性格(あくまで私のイメージですが)が
しのばれるような。

そして本画では1996年の院展出品作《平和への祈り―サラエボ戦跡》が印象に残りました。
Hirayamaikuo2.jpg
平山郁夫にしては珍しい戦争の廃墟とそこに立つ子供たち。
広島で被爆した平山郁夫の体験が原点になっているんでしょうね。
子供たちへ希望を託すような、平和への祈り。
‥‥あぁそういえば今日は終戦記念日だったわ。66年前の日本もこんな風だったかなぁ‥‥と、
感慨深く見たのでした。

そして佐藤忠良の展示室へ。
平山郁夫が日本画の最高峰なら、佐藤忠良は彫刻の最高峰でしょうね。
今年3月30日に98歳で亡くなられて、急遽「追悼展―ブロンズの詩―」となっていました。
(佐川美術館の年間イベントガイドでは「白寿記念」となっていましたので)
SatoChuryo.jpg

SatoChuryo2.jpg
有名な帽子をかぶった女性の像、
王貞治や加山又造、そしてその人となりが想像できてしまうような首の像、
たくさんのブロンズ彫刻が並んでいました。
(後で知ったのですが、ここの彫刻作品は触ることもできるとか、へー。
 今度その質感を感じてみよう)

各方面からの追悼文もパネルで紹介してありましたが興味深かったです。

2011.8.15-013.jpg

ミュージアムショップでポストカードなどを買い、
2時半くらいでだいぶお腹も空いていたのですが、
コーヒーショップの前には行列がズラリ。
先に樂吉左衛門館を見ることにしました。

そもそも私が佐川美術館を知ったのは、やはりNHKの日曜美術館で
樂吉左衛門さんが茶室を造ったことを紹介していた番組でした。

水に没したような茶室がものすごくカッコ良くて、
わー、ここ行ってみたい!と思ったわけです。
2011.8.15-015.jpg
その茶室の見学は事前予約制、入館料別途とのことで、今日は見れませんでしたが、
樂吉左衛門の展示室、カッコいいです!!

階段を降りていくと‥‥
2011.8.15-021.jpg

広い展示室ロビー
2011.8.15-017.jpg

天窓よりの光が幻想的
2011.8.15-018.jpg

展示室はうす暗く、迷路のように入り組んでいて、ガラスの中にうかびあがる
樂焼‥‥陶器の良し悪しは私にはよくわかりませんが‥‥はモダンで力強くて素敵でした。

さーて、しっかり眼福したし、次は口福と、コーヒーショップに行くと、
ショップ前の行列はだいぶ少なくなっていたんですが、
どうやらランチタイムが終わってしまったみたい。
でもせっかくだし、ここで何か食べようと、
ウェイティングボードに名前を書いて待つことしばし。

1日12食限定というシューケーキセット(1,200円)がまだあるということなので注文しました。
カステラやカスタードクリーム、生クリームがつまったパリパリ皮のシューケーキと、
マンゴーとヨーグルトアイスが美味しかった。
2011.8.15-027.jpg

コーヒーショップは水庭に面していていい雰囲気。
2011.8.15-028.jpg

優雅な休日を過ごしました。
何度でも来たくなる美術館ですね。茶室もぜひ見たいし。

佐川美術館のHP: http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/
NHK日曜美術館のHP: http://www.nhk.or.jp/nichibi/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました